4スレ>>222


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月が輝く寒空――
夜空に忽然と輝く月に負けぬようにと、散りばめられた彩が輝きを放つ。
澄み切った冷たい空気によって、輝きは一層の美しさを得る。
そんな、ありふれた冬の一夜。
だが、ここ、トキワの森の郊外の草原では、異質な空気が漂っていた。

「いい月夜だ。このような夜に彩るのは、やはり鮮血の紅が一番似合う。
 そうは思わぬか?」
流れ者の萌えもんである彼女――ハブネークは、愛刀に頬擦りをしながら不適に笑う。
対峙するのは甲冑に身を包んだ一体の萌えもん。
数十年に一度、特別なビードルから進化する森の守護者。スピアーの突然変異亜種である、ラスピアス。
余談ではあるが、特別なビードルはトキワの森でしか生まれない。
だから、長い間旅をしてきたハブネークにとっても、これは思いがけない邂逅であった。
だが、そんなハブネークとは対照的に、ラスピアスは両手に携えた槍を不機嫌そうに揺らした。
「ご高尚なご趣味ですこと。私には理解できないわ」
皮肉というスパイスをふんだんに振りかけた一言だったが、ハブネークには効果が無い。
ふむ、と思案顔になると真剣に考え込んだ。
「お主はよき理解者になれると思うのだがな。
 私の趣味を高尚だと称するのであれば、お主にも理解できるはずだ」
自分で辿り着いた結果に満足したのだろう。ハブネークは、その顔に喜びを湛えていた。
そんなハブネークに呆れたように溜息を吐く。
妙な性格をしているが、こいつは曲者だ。ラスピアスは、直感でそう感じていた。
そうでなければ、ホウエン地方から旅をしてカントーに到着するなど不可能だからだ。
「まぁ、折角の理解者も無駄か」
心底残念そうに言葉を吐くハブネーク。
頭に疑問を浮かべながらラスピアスは次の言葉を待つ。
「理解していようといまいと関係ないからな。――どうせ死ぬ」
平然と、淡々と。ただそれが事実だと言わんばかりに言葉を吐き捨てるハブネーク。
ラスピアスの背筋を震えが走った。それは、恐怖ではない。
「つまらない冗談ね」
それは純粋な怒り。久しく忘れていた熱い激情に、ラスピアスの封印されていた闘争本能が開放される。
ビリビリと大気を震わすそれを、ハブネークは心地良さそうに受け止めた。
「まいったな……。私は冗談を言える性格ではないのだ」
それは、紛れも無いハブネークの本心である。
だが、言われているラスピアスからすればそうではない。
彼女は、それを完全な侮辱であると受け取った。
ここまでコケにされて黙っていられる性分ではないラスピアスは、返答代わりに槍を鳴らした。
チャリ、と金属的な音が、耳に非常に心地いい。
「そうだ、それでいい」
ハブネーク自身も、かつてないほどに高揚していた。
感じる闘気は比肩する者が見当たらず、またそれの透明さにハブネークは満足気な笑みを浮かべた。
これは楽しみだ。
ハブネークの面には、愉悦がありありと浮かんでいた。
その愉悦を快く思わないのが、彼女と対峙しているラスピアスだ。
その面には、不快という二文字がでかでかと書かれている。
「あんたの掌の上で踊らされてるっていうのが気に食わないわ」
「私は踊らせたつもりではない」
ハブネークの言葉にムッとするラスピアスだが、次の言葉を聞いてその不機嫌さも吹き飛ばした。
「踊らせるのではなく、共に踊ろうではないか。
 さぁ、私をしっかりエスコートしてくれ」
「私、女をエスコートする趣味は持ってないのよねぇ……。
 ――でも、貴女だけは特別よ。存分にエスコートしてあげるわ。
 ただし気を付けなさい。付いてこれないなら、肉塊に成り下がるだけよ」
皮肉気にニヤリと笑うラスピアス。
それを見て、ククと喉を鳴らすハブネーク。

二人の間を一陣の風が吹き抜けた。
二人の空気を感じとったのだろうか。風は足早に駆け抜けていった。
風に誘われるように足下の草も忙しそうに揺れる。
これより演じられるのは二人の舞踊。
命を賭け、互いの獲物が火花を散らす――荒々しくも美しい戦い。
立会人は夜空に浮かぶ十五夜の月。観客は夜空を彩る星星。
ハブネークは鯉口を切り、ラスピアスは槍をしっかりと握り締める。
緊張は止まることも無く高まり続ける。
火蓋を切るのはラスピアスか、はたまたハブネークか。
互いに切欠を掴めず、相手を伺いながら、じりじりと間合いを計る。
そして、ラスピアスの足が地を蹴り――法螺貝が高らかに鳴り響いた。
ラスピアスの動きは、喩えるならば閃光のそれ。
そこから放たれる強烈な一撃もまた、閃光の如し。
ゴウ、と暴風を纏って繰り出された突きを、ハブネークは刀身に滑らせ、いなす。
決して、真っ向から受け止める愚は犯さない。
強烈な点の攻撃を受け止めれば、彼女の愛刀は脆くも折れてしまうからだ。
だからこそ、点の位置をずらすに止め、ギリギリの位置で身体を捻らせて閃光をかわす。
そして、身体を捻らせた力を余すところなく刀に伝え、宙に真一文字を描く。
ラスピアスは、追撃用にとっておいたもう一本の槍を防御に回して、事なきを得た。槍と刀が衝突し、火花が夜空に散った。
その状態で、二人はしばらく停止する。互いの顔が引っ付きそうな至近距離である。
お互いが、退くに退けない。下手に退けば、相手の間合いに支配されかねないからだ。
だが、そうもいってられない事態となった。
「――ッフ!」
ハブネークの背中から生えた尻尾がラスピアスを襲う。滴る液体は、恐らく毒。
ポイズンテール、と呼ばれるハブネークの代表的な技である。
もっとも、彼女はこの技――考えようによってはハブネークの代名詞でもあるそれ――を均衡状態からの不意打ちにしか使わない。
この技を受けた相手は大抵、鳩が豆鉄砲を食らったような顔をする。
己の武器と武器での真剣勝負の最中に、このような技が飛んでくるのだ。意表をつくどころの騒ぎではない。
そして、それはラスピアスも同じだった。
突然の不意打ちではあったが、彼女は無事であった。
超人的――人と定義してよいのか甚だ疑問ではあるが――な第六感で、何らかの襲来を察知した彼女は、慌てて身を退いていた。
そして、彼女の目と鼻の先を、毒を滴らせながら、鞭と化した尻尾が疾走した。
背筋が凍った。ラスピアスの心境は正にこれだったに違いない。
次に湧き上がったのは純粋な怒り。
己の武を以って打ち勝とうという気概の相手だと思っていたのに……。その怒りの中には、失望が見え隠れしている。
ラスピアスの無言のプレッシャーを感じ取ったハブネークは、飄々としていた。このような反応には、最早慣れっこだった。
気にしないどころか、ラスピアスの事を益々気に入ったようだ。
それは当然のことながら、ラスピアスの言葉の背景にある失望を感じ取ったためであろう。
失望という事は、己に期待してくれていた、という事とイコールである。ハブネークは、それが嬉しかった。
「そう怒るな。あの状態ではアレしか手がなかった。当たらなかったから良かったではないか」
いけしゃあしゃあと対応するハブネークに、ラスピアスも矛を収めた。
そもそも、これは萌えもん同士の戦いであり、武器以外の使用もあって然るべきである。
彼女とて、意表をつく技を一つも二つも所有している。
ならば怒りを感じるのは筋違いだ。ラスピアスはこう結論した。
「まぁ、それもそうよね。……いいわ、こっちにだって考えがあるから」
そうでなくては、とハブネークは気を引き締めなおした。
先ほどの攻防。
一瞬の攻防であったが、それは二人の特性を如実に物語っていた。
瞬発的な速さに優れたラスピアス。
神業的な技巧を持つハブネーク。
この二人の打ち合いは、一撃必殺の様相を呈してきた。たった一つの傷が、お互いの技を鈍らせかねないからだ。
それを悟ってか、二人は動かない、いや動けない。
「来ないのか?」
挑発的なハブネークの笑み。
ここは一つ乗ってやろう。これがラスピアスの判断であった。
「じゃあ、お言葉に――甘えて!」
言葉と共に、閃光が草原を駆ける。
右へ左へとジグザグに動き、ハブネークに狙いを付けさせない。
そして右に振れ、更に加速して直進し、ハブネークの左方向から刺突を繰り出す。
ハブネークは危な気もなく回避して、一太刀。先ほどの一閃とは違い、優雅に円の軌道を描く一振りである。
その趣の異なる太刀を受けるのではなくかわして、ラスピアスの二撃目が奔る。
いや、それだけではない。
両手に持った槍を、引く素振りさえ見せずに突きまくる。
ハブネークも、これには参った。
繰り出された技はみだれづき。ラスピアスの十八番であるこの苛烈な攻めは、確実にハブネークを追い込んでいく。
(これは少々旗色が悪いか……)
ハブネークは持ち前の七色の太刀筋を以って辛うじていなし、かわしてはいるものの、いつ攻撃が当たるかは分からない。
並みの武人のみだれづきであれば、いくら手数が多くてもそれは下手な鉄砲に過ぎない。いつかは当たるであろうが、そこまで恐れるものではない。
だが、ラスピアスの技量は、ハブネークの想像を超えていた。
このような攻めを行いながらも、そこには急所を狙う正確さがきちんと存在していたのだ。
どちらにしても、このままではジリ貧になり喘ぐだけだ。
ハブネークは慎重に機会を伺う。
起死回生の一手ではあるが、これが失敗すれば自分の命は夜空に散る。
かつてないほどの緊張感にハブネークの顔に喜悦が浮かぶ。自分が望んだこの状況に陥ったのは何度目か。
過去の死闘を思い出し、それが更にハブネークを昂らせる。
そして、見つけた一瞬の隙。僅かながら、槍を大きく引いた瞬間に、烈火の気合を浴びせかける。
ドクン、とラスピアスの心臓が高鳴った。次いで、冷や汗が溢れてくる。
(身体が……動かない)
困惑するラスピアスを他所に置き、ハブネークは飛び退いて大きく息を吐く。
放った技はへびにらみ。強烈な気合を浴びせる事で、相手を呑み込んで行動を束縛する技。
極度の集中力を必要とするため、あれが外れたり気合で返されれば、ハブネークの身体には風穴が開いていただろう。
緊張で疲弊した精神を労わるように息を吐き、ラスピアスを見やるハブネーク。
困惑から帰還したラスピアスは、自分の身体を取り戻していた。
「やってくれたわね……」
「ああせざるを得なかった。ギリギリだったのだぞ」
そう言ってお互いに笑いあう。
お互いの体力も限界に近い。命を取り合うこのやり取りは、二人の精神を明らかに削っていた。
恐らく、次の攻防で勝負がつくであろう。二人もそれを察している。
ハブネークは刀を逆手に持ち、地面に限りなく身体を寄せる。
ラスピアスは両手の槍を引き絞り、いつでも放てるような構えを取る。
「いくぞ――!」
「こい――!」
お互いが地を蹴り、一気に距離が詰まる。
直線的なラスピアスと跳ねるような動きのハブネーク。
「ダブル――」
「かみ――」
暴風を纏った槍と、逆手の構えから振り下ろされる牙と化した太刀が衝突し、お互いの攻撃が逸れる。
「――ニードル!」
ラスピアスから放たれるのは必殺の二撃目。
引き絞った左腕から放たれたその一撃は、過たずハブネークを襲う。
「――くだく!」
萌えもんだからこそ出来る、逆手の構えを捻って繰り出す、天への一撃。
下降で噛みつき、上昇でくだくこの一連のコンビネーションは、ラスピアスの命を奪わんと迫る。
その槍と刀が、はたと止まった。
槍はハブネークの腹部の一歩手前で止まり、刀はラスピアスの喉を食いちぎるには今一歩足りなかった。
「惜しかった……」
「惜しいわね……」
二人は同時に呟いた。
「後一歩踏み込んでいればお主の喉を食い千切られたのだが……」
「貴女が後一歩こちらに踏み込んでいれば、お腹に風穴を開けてあげられたのに……」
二人はお互いが呟いた事が可笑しかったのか、ククと笑った。
そしてお互いに武器を収めて腰を下ろした。
ハブネークは、懐から徳利とお猪口を取り出して酒を入れる。
それをラスピアスにも進め、二人で杯を交し合った。
「月見酒も悪くはないな」
「そうね……」
満足気に頷くハブネークと、疲れたように同意するラスピアス。
二人の背後を、穏やかな風が吹きぬけた。


――了――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。