4スレ>>313


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ご主人様(以下、主)「んー、ドガースちゃん?」
ドガース(以下、ド)「どうしたの?ご主人様?」
主「ちょっとこの服に着替えてみない?」
ド「ご主人様のえっちーーーー!!」
主「ちょ!毒ガスはまずいって!窓!ま…ど…」

がくっ。

めのまえが まっくらに なった。

ド「ご主人様?起きた?」
主「あれ?ドガースちゃんが助けてくれたの?」
ド「てゆーか殺しかけたのもわたしだよ?」
主「あれ?そうだったっけ?でもさ、女の子同士なのに、『えっちーーーー!!』はないよね。別に普通の服だしさ。
いつもみたいに無理やり脱がそうとしたわけでもないしさ。おねーさん泣きそうだよ。その上毒ガスまでさ……」
ド「それはあやまるよぅ!てゆーか日ごろの行いが悪すぎるんだよ。でも何で急に?」
主「だってね?ドガースちゃんの写真さ、全部紫の服なんだもん。10冊もアルバムあるのに。
たまにはさ、別の色の服も着てみない?ってことでさっそくさ……」
ド「ご主人様のえっちーーーー!!」
主「まって!だから毒ガスはやめてって!やめ…て…って…」

がくっ。

めのまえが まっくらに なった。

ド「ごめんね?ホントごめんね?」
主「うん。もういいんだ」
ド「え?どうして急に?」
主「嫌がることばっかりしても仕方ないしね。それに無理やり脱がそうとしたのはこっちが悪かったよね。こっちこそごめんね?」
ド「いいよ。服も着てあげる。そのかわりケーキ買って?限定のおいしいやつ!」
主「む…こないだのですか。おねーさんお財布の事情が…」
ド「じゃあ許してあげないし、服も着てあげないもん」
主「買ってきます。だからこの服きてみてください」
ド「じゃあまっててね。いっつもみたいにのぞいちゃだめだからね?」
主「わかってるよぅ~」
      ~数秒後~
主「こればっかりはやめられないのだ!(小声)
発育チェッ~クっと。……あれ?」
ド「………………」
主「あれ?なんでそこにいるのかな、ドガースちゃん?ちゃんとこの中でお着替えしないと~。おねーさん困っちゃう☆」
ド「ご主人様の…ご主人様のバカーーーーーーー!!!!」
主「だから!まって!それスモッグになってる!威力あがってるから!だから…まっ…て…って…」

がくっ。

めのまえが まっくらに なった。

      ~後日~
主「う~ん…なんかちがう…」
ド「せっかく着たのになんでそんな顔してるのさ?」
主「やっぱさ、ドガースちゃんには紫が似合うよね☆」
ド「ご主人様のバカーーーーー!!」
主「だから!まって!わかったから!毒ガスはやめ…て…」

がくっ。

めのまえが まっくらに なった。

 ~後書き~
いままで書いたことないのを書こうと思ったらこうなった。
反省はしていない。女の子同士ならなんでも許されると思った。
おねーさんって言ってるけど。
天丼はお笑いの基本だとおもうんだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。