4スレ>>318


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もうここらで、いいんじゃない?」
「そうっすネ。ここなら大丈夫だと思うっす」
 鼻血マスターはドーブルに誘われて、森の中にいた。
 ほかの仲間は、昼食後の時間をまったりと過ごしている。
 今いる場所は、ちょっとした広場みたいに開けたところで、太陽の光が木々に遮られることなく射している。

「それで頼みって何?」
 一度聞いて教えてもらえなかったことを、少女はもう一度聞く。
「実はですネ、絵のモデルになってほしいっす」
 ドーブルは、土下座しそうな勢いで、真剣な表情をして頼む。
「いいよ」
 真剣すぎるドーブルの様子に、少し驚きながらも了承する。
「ほんとっすか!?」
「うん。でもなんで私? いや嬉しいんだけどね?」
「好きな人を書きたいと思うのは、当たり前の感情ですヨ」
 その一言に、少女の顔がポンッと赤く染まる。
「そんな、めんとむかって好きだって言われると照れるよ~。
 私もドーブル、大好きだよ」
「嬉しいっす、私まで恥ずかしくなるっす」
 二人して、顔を赤くしてもじもじとしている。
 いつまでも、こうしてても仕方ないと、深呼吸して落ち着くことに。
 なんとか顔の赤さは引いたようだ。
「でもさ、そんな頼みなら、ここまで連れてくることないのに。
 みんなのいるとこで、描いてもいいんじゃない?」
 描くところを見られるのが、恥ずかしいのかな、なんて思っていたが、ドーブルの発言で少女は驚くことになる。
「描きたいのヌードっすヨ? さすがにみんなのいる前ではネ……。
 それに、そんな羨ましいこと」
 驚く少女には、最後のほうが聞き取れなかった。
「ヌード!? ヌードってあの裸の!?」
「そうっす」
「無理無理無理無理っ!」
 手は突き出され、首をぶるぶると横に振り、絶対無理だと少女は主張する。
「恥ずかしいよ! それにこんな貧相な体じゃねっ?」
「そこがそそら、いやいや、きっと綺麗だと思うっす」
「いやでもね? そのえっとね?」
 なんとか断ろうと必死に言い訳を探す。必死すぎて、滲み出た危なげな発言を、また聞き逃す。
「恥ずかしいなら、私も脱ぐっす」
「二人して屋外で素っ裸って、どんな状況よ!?」
 すでに服に手をかけて、脱ごうとしているドーブル。
「お願いだから脱がないでーっ!?」
「モデルになってくれないっすか?」
 急にしゅんっとして、涙目になり上目づかいで、少女を見つめるドーブル。
 なんとなく、演技が入っている気がする。
 だが少女はそれに気づかない。
「うっ」
 涙目のドーブルを可愛いと思ってしまい、動きが止まる。
 そして、この表情が見れたんだから、いいんじゃないか? とほんの少しだけ思ってしまう。
 少女の心の動きを読んだのか、ドーブルの目がキラーンと輝いた、気がする。
 スケッチで覚えた、しんそくで近づき、少女を逃がさないようにしっかり捕まえる。
「さあ~脱ぎ脱ぎしましょうね~」
「いや~まだやるって言ってない~!」
 じたばた暴れるが、悲しいかな人間ともえもんとでは、力に差があった。
 ドーブルもそこまで強いもえもんではないけど、少女も鍛えているわけではないから、逃げることはできない。
「うふふふ、やっぱりご主人は可愛いっす。一目惚れして、ついてきてよかったっす」
「一目惚れ!?」
「そうっすヨ。ご主人は、私の好みど真ん中っす」
「!?」
 少女はここで気づいた。
 好きと互いに言い合ったが、その意味に違いがあったことに。
 少女の好きはlikeで、ドーブルの好きはloveだ。
「えーーーーっ!?」
 だが、それがわかったところで、この状況をどうにかできるわけではない。
「我慢できないから、予定変更するっす」
「よ、予定変更?」
 なんというか、嫌な予感しかしない少女。そして、それは当たっている。
「いただきます」
 そう言いながらドーブルは、さらに少女に近づいていった。

 結論から言うと、少女はギリギリ助かった?
 森奥が騒がしいことに気づいたフシギバナが、二人を探しにきたからだ。
 フシギバナが発見したのは、少女を素っ裸にして、本番にいこうとしていた場面。
 慌ててねむりごなで、ドーブルを眠らせてことなきを得た?
 疑問符がついているのは、キスはされたし、裸も見られたから。
 このあとしばらく、フシギバナに抱きついて離れない少女と、
 脳裏に焼き付けた映像をもとに、少女の絵を上機嫌に描きまくるドーブルが見られた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。