5スレ>>28


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どこか現実離れした感覚………
あぁ、これは夢だ俺は今夢を見ているのか
泣き声が聞こえる………誰かが泣いている?
あれは、女の子?
それに女の子の近くに男の子が……あれは俺だ
幼い頃の俺……それじゃあ、あの女の子は俺の知っている人?
「ねぇ、どうして泣いているの?」
幼い俺がその女の子に言っている、女の子の方もその声に答えている
「ひっく、皆が私にひどいことするの」
「それなら大丈夫だよ、何があったら僕が守ってあげるだから一緒にあっちに行こう」
幼い俺が女の子に手を出す、女の子の方は手と幼い俺の方を交互に見て伸ばされた手を取る
「行こう」
幼い俺が女の子を引っ張って行く……待ってくれ、その子は一体誰なんだ………

「目覚めよ愚民どもよ、今こそ目覚めるのだ。さぁ愚民ども我のために動き出すのだ。」
「オ~~~~~ルハイィィィル、プリ、目が覚めたようだな愚民ども」
なんという目覚ましだ、誰だこんな目覚ましを置いたのは……
いいや、分かるこれを置いたのは何を隠そうこの俺だ。
こうなった経緯は至って簡単だ、両親が買ってきたものを貰ったからだ。
ちなみにこの目覚まし時計はTVで大絶賛放送中のアニメで逆襲のプリンテリア帝国の主人公の
プリン皇帝陛下なのだ、あの姿でこれほどまでのいかつい声は違和感ありまくる。
内容もあえて何も言うまいむしろ言いたくない、おかげで夢の内容を忘れてしまった
「ふぅ、とりあえず起きるか……」
うん、外はいい天気、今日は晴天、絶好の入学式日和だ。
「う~~~~ん、はぁ………さてと、あいつを起こすか」

さて、部屋の前に着たけど念のためノックするか…………………反応無しまだ寝てるな、
「入るぞー」
一言言って俺はドアを開けて中に入る、案の定寝てるな目覚ましは………止めた跡がある
「まったく、おい起き」
起こそうと思って布団をめくったら視界に入ってきたのは………服がはだけておへそ丸出しで
気持ちよく俺の妹が寝ている……いきなり入ってきた光景に数秒ほど思考が停止してしまった。
「う…ん」
寝返りをしてさらに服がさらにめくれてお腹全体が丸出しになってしまった、
これ以上寝返りをするとお腹丸出しから胸の所まで服が上がってしまう
早く起こさなければ………
「おい、起きろ」
「うみゅう、後5分寝かせてぇ」
なんてベタなセリフを………ええい、全力全開で起こしてやる
「お・き・ん・か・いぃぃぃぃぃぃぃ」
「うえぇ………お兄ちゃん?」
「起きたか?朝だぞ」
ん……妹の顔がどんどん赤くなってくるぞ
「にゃ~~お兄ちゃんどうして部屋にいるの、出てってよ~」
「おい、お前を起こすために部屋に入ったんだぞ、起こしてもらっといてそのげふ」
妹の技が見事に俺の腹にHit
「いてぇ~~」
「女の子の部屋に入るからいけないんです。早く出て行ってよ、後シャワー浴びるからね」
ひでぇ、起こしてもらっといてこの仕打ちは理不尽すぎる…………とりあえず、朝食を作ろう

フライパンから焼ける音が聞こえる、今日の朝食は食パンと目玉焼きだ
「うん、いい感じだ」
「う~~ん、いいにおい、お兄ちゃん今日の朝食は何?」
「ああ、今日の朝食は食パ………お前なんて格好してるんだよ」
「ほえ、なんかおかしい?」
「おかしいも何も……とにかく服を着ろ」
「は~い」
まったく、あいつは何で寝起きを見られて恥ずかしがるのにあの格好は恥ずかしがら無いんだ?
あいつの羞恥心の基準が分からないぞ………
なんだ、どんな格好か知りたいって?
教えてやろう、シャワーを浴びる出てくる後は分かるな、そうゆうことだ。
ん?何で俺はこんなことを言わなければならないんだわけが分からん
おっと、目玉焼きがちょうどいい焼き具合だ
「着替えたよー、お兄ちゃん」
「おう、丁度こっちも出来たぞ」
「「いただいきます。」」
「もぐもぐ、そういえばお兄ちゃん今日はなんかあったっけ?」
「おま、今日は学校に行くんだぞ」
「……そうだったっけ?」
「そうだよ、そろそろ時間のはず」
時計を見る、うお丁度時間だ
「おい、時間だ出るぞあいつらが待ってる」
「ふぇ、ちょっと待って私まだ出かける服決まって」
「そのままで大丈夫、それに服はそのままじゃないといけないだろお前の場合」
「そうだっけ?」
「ああ、萌えもんはいつもの服で居ることって」
「どうせなら少し綺麗にって、あ~~まってよ~~」

ふぅ、何とか間に合ったかな
「お~い、こっちこっち」
「やっほ~い」
「ちょっと待たせたか?」
「いやいや、俺はついさっき来た所だ」
「私もそんな感じ」
「うし、じゃあ行くか」
「だな」
「ですね」
「は~い」
「くー、ついにこのときが来たぜ」
「ずいぶん楽しそうだなユウトキ」
「当たり前だヒロキ、夢にまで見たトレーナー学校、そこに集まるはかわいい萌えもん達」
「俺の知っている萌えもんといえばそこにいる、まだ子供ぽい奴と胸が有るけど実はパッドを付けている奴」
「俺としては、もっとこうなんというか」
「ユ・ウ・ト・キ、誰がパッドですって?」
「それはもちろん……ハクさん、なんか怖いですけど」
「ふふふ、私はパッドなんてしてませんよこれは自前です。」
「痛い、痛いですハクさん、あいだだだだだだだだだだ」
おお、ハクのまきつく攻撃だ、だけどあれはどう見ても関節技にしか見えない
ここで紹介するけど今関節技を決められているのは小さい頃から一緒にいる友達のユウトキだ
まぁ、俗に幼馴染ってやつだ。
そして今ユウトキに関節技をかけてるのが萌えもんハクリューのハクだ、彼女もユウトキと同じ幼馴染
ついでに俺の名前はヒロキで、妹は萌えもんパウワウのパワル、妹が萌えもんだからって俺も萌えもんではないぞ
俺はれっきとした人間だ、どうして萌えもんが妹なのかは俺が生まれたときに親父が卵を持ってきたらしい
そのまま、一緒に育って今の関係になっている。
「お~い、置いていくぞ~」
「ヒロキ、俺を助けてくれないだだだだだだだだ」
うん、いつもの光景だユウトキはいつも余計な一言を言ってハクに絞められるのはよくあることだ。

しばらくして、学校が見えてきた。
今日からここで俺はいろいろ学ぶ場所なんだな
「おいおい、ヒロキあれを見ろあれ」
「なんだよユウトキ、あれを見ろって……イーブイ?」
「ああ、あれが例のイーブイだ」
「あのイーブイに何かあるの?」
「俺の知り合いでここの卒業生から聞いた話なんだけど、あのイーブイは2年ぐらいこの学園にいるらしい」
「それって普通なんじゃないの?」
「ところがどっこい、普通イーブイは珍しいから直ぐにでもパートナーが出来るはずなんだぜ」
「それがどうしたの?」
「だ・か・らあのイーブイはパートナーが居ないまま2年だ、訳ありに決まってるだろ」
「それってどんな訳があるの?」
「それは知らない」
「はぁ、ユウトキ憶測で言うのはやめようね♪」
ため息混じりにハクが笑顔で近づき、ユウトキにまた関節技を……
「あいだだだだだだだだ、ギブ、ギブ」
絞められてるユウトキを横目にもう一度イーブイの方を見るがすでに居ない
もう校舎の中に入ったみたいだな、
「お~い、そこら辺にしてそろそろ中に入らないか?」
「お~ヒロキ、俺を助けてくれるのか」
「いや、初日から遅刻したくなし」
「それだけの理由ですか~~~~」
ユウトキの叫びがが校門のところで鳴り響く

入学式が始まって数分、
「え~先ほど紹介にあずかった校長の」
校長の挨拶が長くなりそうだここいらでこの学校の事でも考えるか
まず、この学校の始まりは、最近ロケット団が現れた以降、トレーナーの質が落ち
萌えもんをひどい扱いをしたりして、重体にするものが増えた。
それを、危険と思い始めた萌えもんセンター職員関係者がトレーナーを育てようと
学校を作ったのだ、場所は、ニビとタマムシの間に作らた。
当初はトレーナーの萌えもんに対する扱い方を教えていたのだが
今から数年前、萌えもんリーグチャンピオンになった人がここの学校の出だったことが知られ
一気にこの学校に入りたい人が増えた。
その為、学校の方の規模も大きくなり今では町が出来るまでになった。
学校を中心に家が建ち始め、人が住み始めた頃にはセンターとショップが出来ていた。
今ではハナダにも道が出来て多くの人がここを訪れる、
故に学校の方も大きく変わり今では多種多様なことが教えられている。
トレーナーの心得は当たり前として、他には萌えもんに対する医療技術や萌えもんブリーダーの技術、
他にもいろいろあるがここで説明するには多い、だがこの学校を卒業する頃には多くの道が有る。
それが拍車をかけているものだから、入学希望者もまた年々増えていく、だから学校は一年制に決めた。
また、人だけでは学ぶことが少ないから、萌えもんと組むことになる。
組むことになる萌えもんは、主にひどい目にあった者や野性に帰れない者が多く、大抵は組んだ人とそのまま
パートナーになることが多い。
その話を聞いて、引退したトレーナーの萌えもん達の間に出来た子がここにパートナーを見つける場所として
入れてくるもんだから、パートナーの居ない萌えもんが多い。
その為ここの卒業には必ずペアであることが必衰になっている、人と萌えもんが多く居るのが原因なのか、
一時期ロケット団がこの町を占領すると噂が流れた。
その後、ロケット団が解散した話を聞いて危険は去り、住み始めた人達も安心したのを思い出す。
……しかし未だに名前が無いのはまだ出来て数年だからだろうか?
「これにて、トレーナー学校の入学式を終わります。」
おっと、どうやら結構考えてたみたいだ、入学式も終わりか明日から本格的に学ぶのか……
俺は、ここを卒業する時、誰がパートナーとしてここの隣に居て、何になっているんだろうか………
今はまだ分からない、けど確かなのはまだ始まったばかりなんだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。