5スレ>>61


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※どうも、零です!
今回はハル本編とはまったく関係ない小ネタです。
サマヨール、ムウマージ、ヤミラミ、ゲンガー、ユキメノコ・・・。
ゴーストっ娘達が繰り広げる大海賊時代の物語、お暇があればぜひ。


ゴースト☆ピース Vol.3 ~幽或の氷と密かな思い~



ジーーーーーーーッ・・・

「おい、なに見てんだ?」
「うひゃぁぁっ!?ゲン様!?」
「ハハーン・・・またご主人か」
「!?、うぇぇぇー!?」
「ケケ、バレバレだぜ」
「ち、違うわよ!海見てたのよ海!」
「海は360°どこからでも見えるぜ?」
「ぐっ・・・!この方向の海が見たかったのよ!」
「ケケケケ、おーい!ご主人ー!」
「え!?ちょっと・・・!」
「どうした、ゲン様?」
「いや、ユキがな、用事があるってさ」
「うぇ!?」
「どうした、ユキ」
「え・・・あ・・・あの・・・(ちょっと!ゲン様!)」
「ケケ、ユキがな、ご主人のこと好きなんだってさ」
「へ?」
「――りふhふぇうはjrふ!?ななななななな・・・!?」
「ケケケケケケケケッ!!」
「お、おい、ユキ・・・?」
「うあ・・・えぅ・・・ち、違・・・違うわよっ!!そ、そんなんじゃ・・・!!」
「え?じゃぁ――」
「うるさいうるさいうるさいぃぃぃぃぃぃぃー!!」
「ぎゃぁぁぁっ!?」
「ケケケケケケケケケケケケッ!!」


~船長が絶対零度を(ry~


「あれ?今回出番なしでしか?」
「出てもどうせロクなことないっスよ」
「そうでしね」



~あとがき~
なんかこんな絡みがどうたらこうたらって話を思い出したので一筆。
タイトルが何のことがわからなければvol.1をご覧ください;;
ということで、こんなものに付き合っていただき、ありがとうございました!
それでは。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。