5スレ>>103(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「サイコソーダ♪ サイコソーダ♪」
 街についたら、サイコソーダを買ってもらえると約束してもらったゼニガメは、機嫌よくトレーナーの先を歩いている。
 満面の笑顔でスキップまでしているところから、かなり上機嫌だとわかる。
 トレーナーは、そんなゼニガメを苦笑しながら見ている。
「ほんとにサイコソーダが好きだな」
「大好き! つぶつぶがどんどん出てくるのを見るのも楽しいし、しゅわわ~っていう感触も面白いし、美味しいもん」
「そこまで好かれたら、サイコソーダも満足だろうなぁ」
 即答したゼニガメに抱いたトレーナーの正直な感想だ。
 そんな二人の少し先に人が立っている。どうやら現地のトレーナーらしい。
 そのトレーナーは、二人をみつけると近づいてくる。
「ゼニガメ、どうやら萌えもんバトルすることになりそうだ。ひとまずサイコソーダのことはおいてけ」
「わかった」
 バトルの最中まで浮かれ続けてはいけないと、ゼニガメは頷く。

 バトルが終って、勝ったのかトレーナーは相手から賞金をもらっている。
 バトルに勝って二人とも嬉しそうにしているかというと、そうでもない。
 トレーナーは呆れ顔で、ゼニガメは顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしている。
「そこまでサイコソーダ好きだったんだ。
 早く街について飲めるといいな」
「あうぅ」
 トレーナーの言葉にゼニガメは答えることなく、恥ずかしそうに俯くだけだ。
 ゼニガメが恥ずかしそうにしている原因は、バトルの最中に使った技にある。
 使ったのはあわ。
 効果とダメージは同じだったが、見た目がいつもと違ったのだ。
 あわを使った瞬間出たのは、小さくたくさんのあわ。
 相手は見たことのない新技かと思っていたが、サイコソーダの話をしていた二人にはわかった。
 炭酸飲料の気泡だ。
 それを理解した瞬間から、トレーナーは呆れた表情になり、ゼニガメは恥ずかしそうにしていたのだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。