5スレ>>144(1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-ヤミカラスの追憶・前-





「へ? 私と主人の出会い?」


 主人をそらをとぶ、で送り届け。野暮用を済ますまでの短い時間。

 いつものように公園のベンチでまったりしているところに、そんな質問を浴びせかけられ…。

 鳩が豆鉄砲を食らった顔、というようなきょとんとした表情を浮かべるヤミカラス。

 視線の先には萌えもんジャーナルの女性記者、どうやらそう言うコーナーがあるとの事。


「そうだね、怪我をしてどうにもならない所を。主人に助けてもらったのがはじまり、だったかな」


 割と普通な回答に、僅かに失望したのか女性記者は礼を言い。次のターゲットを探し始める。


(まぁ、律儀だったり惚れっぽい性格の子が。助けてくれた人間をマスターと定める事も最近は珍しくないからね)


 ヤミカラスも、そんな女性記者に対しても興味も失せたのか…視線を中央にある噴水へ向ける。


(そういえば、私が主人に拾われてから結構経つんだな)


 女性記者からの問いかけ、ソレに対する返答。

 この僅かのやり取りの中で、ささくれのように掘り起こされた記憶。


(思い出したくない記憶で、でも絶対に忘れたくない想い出)


 ゆっくりと、ソレは彼女の思考を満たし、追憶の光景を呼び起こさせる。






 彼女は、出自こそ普通であれど。物心ついた頃には既にロケット団の団員の手駒の一つだった。

 そう、『一人』ではなく。『一つ』。

 その頃の彼女の記憶は灰色で、強いか弱いかしかなかった。

 いや、なかったのではない。認識できなかったのだ。

 しかし、その灰色の世界は唐突に終わりを告げる。


「………痛い…」


 雨が降りしきる闇の中、濡れた茂みの上で横たわるヤミカラス。

 彼女は…主だった、ロケット団の団員に捨てられた。

 理由は萌えもんトレーナーとの闘いで敗北した、ただそれだけである。


「…冷たい……」


 全身を襲う痛みが、体温を奪う冷たさが原初の恐怖へと彼女を誘う。


「死にたく、ない…」


 初めての願いが自然とその口から出る。 

 もっと幼い頃に流したはずで、それっきりだった雫が両目から溢れる。


「死にたくないよ……」


 ソレだけを、願いを口にしながら。ゆっくりと意識が蝕まれていく。

 そして、全部が闇に包まれるその間際。

 誰かの声と、初めて。暖かいと思うモノに包まれた気がした。




「…ん、大丈夫?」


 目が覚めたら知らない萌えもんが目の前にいた。

 凄くビックリした、その頃は一度も上げた事ない声を上げて。

 思わず耳を覆う目の前の萌えもん、そして程なくして聞こえてくる慌てたような足音。


「な、何かあった?!」


 と思ったら部屋の扉が開いて、白衣を着た知らない人間が飛び込んできた。
 

(…白衣?…部屋?)


 状況が飲み込めず、周囲を見回す。

 自分…白い、ふかふかしたベッドにいる。
 
 目の前の萌えもん…紅い毛並みで、ピンと立った耳、確かブリーフィングで見たウインディって萌えもん。のはず。

 入ってきた人間…黄色いバッジを付けた白衣を着てる、あまり強そうに見えないけど。それでもマスター達とはまた違う雰囲気がする。

 部屋…薄い青を貴重とした部屋で、他にもベッドがある。窓からは雨の降る外が……。


「…マスター……雨………」


 瞬間、目覚める前の。闇に覆われる瞬間が、マスターからの言葉と暴力が蘇る。


「や、いや……やぁ…」


 怖い。
 すごく怖い。
 どこに行けばいいの? 何をすればいいの? もう……。


「大丈夫、大丈夫だよ」


 目の前にいた萌えもん…ウインディが私を抱きしめる。
 この暖かさって……?


「ここには、アナタを傷つける人も。モノもないからね」


 ただ、ソレだけを言って。ゆっくりとした手付きで私の頭を触る。

 身を強張らせるが…何もなく。ただゆっくりと、まるで毛繕いをするかのような穏やかな手付きで。

 また、雫が両目にたまってくる。でも今度は怖くない。

 でも、雫は止まらない。


「泣いていいんだよ、嬉しくても。安心しても泣いていいんだよ」


 私の様子に気付いたのか、穏やかな。声で私を包んでくれるウインディ。

 ああ、そうか。コレが…優しさで。

 この空間が、優しい場所。なんだ。


「ぁ、ぅ、ぁぁぁぁぁぁあぁあああ……!!」


 そう、認識した瞬間。

 もう私の両目の雫は止まるどころか、まるで今も振り続ける雨のように。

 止まらなかった。


「うん、泣いていっぱい泣いて…そうしたら。少しは悲しい気持ちもなくなるから」


 優しい声で私をあやしながら、包み込んでくれるウインディ。

 そして、私は気付く。

 今、この場所で目覚めた瞬間。

 私の世界に色はついて、そして……。

 生まれ変わったのだと。






「……ぉーい、ヤミカラスー」


 ぺちぺちと、何者かが私の頬に軽く触れる感触で意識が覚醒する。

 どうやら私は寝てたらしい。しどけない寝姿を晒すとは、らしくない。


「…泣いてたのか?」

「なんですと?!」


 思わずぎょっとする。

 いかん、いかんよ。

 まさかかつての記憶を夢見ただけで泣いちゃうなんて…、なんという乙女ちっく。

 コレじゃカイリューの事笑えないじゃないか。


「……ご主人、頼むから内緒にしてくれたまえ」

「大丈夫、そんな珍しく手合わせて拝まなくても誰にも言わないよ」


 いつもの苦笑を浮かべ、ぽふぽふと頭を撫でる主人。

 ウインディとは違う撫で方なのだけど、コレはコレで凄く安心する。


「信じたからね」


 目元に残っていた雫、涙を拭い不適に笑ってみせる。

 ウインディだけじゃない、主人にも。返しても返せないほどの恩はあるし、ソレを忘れるつもりもないし……。


(…なんだ、私も。惚れっぽい子らとなんら変わりないじゃないか)


 改めて再認識した事実に思わず我ながら苦笑が漏れる。

 不思議そうに振り向く主人に対してなんでもないと言いつつ、空を見上げる。

 気が付けば青空だった空は茜色。やがて黒くなるけどまた青くなる。

 あれから私の世界は大きく、それどころか一度完全に壊れ。それから産声を上げた。

 そんな機会を私にくれたウインディに、そして主人には本当に感謝しているし……うん。そして大好きだ。

 だけど…そう簡単には教えない。

 さてはともあれ、このままでも何かこうもやもやするし……。


(うん、とりあえず…)


 いきなり抱きついて、主人を困らせるとするか。











-あとがき-

 長文、読んでいただき誠にありがとうございました。
 久しぶりに長文を打ったため、まともな小説になってるか少し不安が残る部分もありますが…今現状で出せる文章力を投入したつもりです。

 なお、ひねくれものな彼女が『主人』に対して好意を抱いたきっかけにかんしては、後編にて執筆させていただきます。
 もし、楽しみにしていただける方がいらっしゃいましたら。申し訳ありませんが、もうしばらくお時間の方いただけますようお願い申し上げます(ぺこり)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。