1スレ>>435


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「よろしくな」
人間はボールから出された私に言った。
どうやら彼が私の主人らしい。
とりあえずよろしくと返しておいた。我ながら無愛想だ。
彼はやや渋った顔になる。それでも笑顔は崩さなかった。
隣にいるポケモンは彼のポケモンだろうか。
印象的な赤い瞳はとても穏やかだった。

ふぅん・・・

前に人間と一緒にいたポケモンに話を聞いたことがあった。
《人間と一緒にいて楽しかったの?》
《楽しかったね。戦いは辛い時もあったが、一緒に頑張れた》
《・・・どうしてここに?》
《いや、元々ここにいたのさ。主人が当時俺を捕まえてな。それは鮮やかなものだったぜ?
俺が若かったっていうのもあるんだけどな》
悔しがるわけでもなく、何処か嬉しそうな顔つきだった。
《でも、主人は体があんまり良くなくてな》
《・・・病気?》
彼はやや表情を硬くし、頷いた。
《旅自体も結構無理をして続けていたんだが、とうとう中断することになった。
その時主人は言ったんだ。『寝てるとこを見てても面白くないだろ?』ってな》
《それであなたは?》
《『そうに違いない』って言ってやったよ》
と、自慢の鎌を見ながら彼は誇らしげに言った。
《それでここに?》
《そうさ。まぁ、体でも良くなったらまた主人から会いにやってくるさ》
《そう・・・》

彼と彼の主人の関係が良いものなのかは私には分からない。
でも、彼の語る表情からは悪いものは感じなかった。
《おっと、またやってきたか。またな!》
ストライクは去っていった。
去った方向を見ると、人間がいた。
彼を捕まえようとしているみたいだが、投げたボールは中々あたらない。
しばらくすると彼は飛んでいってしまった。

・・・主人が来るのを待っているのだろうか?



「-はにらみつける・ねこだまし・メガトンパンチ・かみつく、か。
ねこだましで先制し、メガトンパンチで攻撃する、と。攻撃能力も高いし、優秀だな」
「そうですね。うちにはノーマルタイプもいませんし」
私の覚えている技らしい。人間の手には赤くて四角いものがある。
あれで分かるのだろうか。
そうだとしたら、私達ポケモンより、人間の方が分かっているのかもしれない。
「主人」
「ん? 俺か?」
頷きながら尋ねた。「私は戦うのか?」
「そうなるけど、嫌か?」
人間は特に表情を変えなかった。
「嫌じゃない。けど、この子が危ない時は・・・」
主人はとても嬉しそうに、了解したと答えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。