5スレ>>270


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※どうも、零です。
企画、もえもん学園を舞台にした、零作、第三弾その2です。
今回は、バレンタインでの出来事の三つ子編。
今回このSSを書くに当たって、ぺる氏、BF氏、Capri氏のキャラをお借りしています。
お暇があればぜひどうぞ。



St.Valentine's Day
“A three-sided fight ~人の恋路を邪魔する奴は~”


2月14日バレンタイン。
男ならば、誰しもが期待を胸に、ドキドキワクワクしながら過ごす日だろう。
そして僕もその一人。
…ここだけの話、僕は毎年チョコを貰えてるし、告白されたこともあった。
それはやはり、男として嬉しいものだ。
そして今年も、期待に胸を膨らませて、朝を迎えたのだ。

そんなバレンタインが――このバレンタインが――トラウマになるなんて、思いもしなかったんだ。


          **********


空気も凍てつく冬の朝。
まだ朝だというのに騒ぎ始めてる胸に気持ち悪さを覚えつつ、学園へと向かう。
今年は貰えるかな、何個貰えるかな、そんな期待は止むことがなかった。
その期待は直ぐに砕かれたわけだけど――。

出来事は玄関でのこと。

「うわっ!?」

自分の下駄箱を開くと、綺麗にラッピングされた箱やら袋やらが大量に落ちてきた。

「…?」

しばし茫然とする。
そのカラフルなラッピングの物体群が、チョコであろうと気付くのに数十秒、いや、自分の中ではもっと長い、数分の空白であったような気がする。
ともかく、僕の下駄箱には、大量のチョコがこれでもかというくらい入っていたのだ。
ぱっと見た感じでも20個は軽く越えているだろう。

「…あ」

周りの視線を集めていることにようやく気付いた。
どうしよう、と考え始めるが、その答えを模索する暇もなく、次なる災難は訪れる。

「「「オードーシーシー(ちゃーんー!!」(!!」(くーんー!!」

彼方から聞こえる声は恐怖の記憶を呼び覚ます三様の声。
遠方に見える姿はこれからの恐怖を実感させる三様の姿。
草っ娘三つ子の三人だ。

「お、おはようごさいます…」
「おはよー!」「ごきげんよう」「お、おはよ…」

長女のワタッコは爽やかに、次女のポポッコは上品に、末っ子のハネッコは躊躇いがちに、それぞれ挨拶を返してくれた。
この三人、みんな可愛いし、僕に好意を寄せてくれるのは嬉しいんだけど、その探求心でどうやら僕の生活を網羅し、暴いているようで、それ故に恐ろしさも感じている。
というか、こんなに性格が違うのに、本当に三つ子なのだろうか?
と、そんなことを考える暇もなく、試練の時は訪れる。

「いい?オドシシちゃん!」「この中から誰かの一つだけ!」「え、選んで…!」

そう言って、それぞれ青、緑、赤のリボンのついた袋を差し出される。

「え…一つ…?」
「「「一つ!!」」」
「全員じゃ――」
「「「ダメッ!!」」」

三人とも目が真剣だ。
一人を決めるまでどこまでも追い詰めて来かねない。
かといって、ここでだれか一人を決めたら大喧嘩は免れないだろう。

「ボクっ!」「わたくしっ!」「わたしっ!」

更なる剣幕で詰め寄ってくる。
しばらく見つめあいつつ、どうしようかと考えていると、救いの鐘の音が聞こえてきた。

キーンコーンカーンコーン――…

チャイムの音だ。

「あ…!あの、遅れちゃうんで…もうちょっと時間を…すいませんっ!」

そうい言い残して、有無も言わせない速さでその場から走り去る。


          **********


そして朝のHRの終わった休み時間。
まさかとは思ったが、彼女等は来た。

「「「さぁ決めてっ!!」」」
「あ、う…ちょっと早すぎですよぅ…」

周りの男子からは持て囃され、女子からは恨めしい目で見られている。

「あの…そんな急に言われても…」
「じゃぁいつならいいのさっ!?」「待てる訳ありませんわ!」「……」

ワタッコとポポッコはいつものように文句。
ハネッコはなんだか潤んだ瞳、もう泣きそうな表情を向けてくる。
どうやらこれは逃げ切れる問題ではなさそうだ。
とりあえず今は追い返すしかない。

「うぅ…昼まで、昼まで時間くださいっ…!」

思わず墓穴を掘るようなことを言ってしまったが、なんとか追い返すことが出来た。
昼までに何らかの結果を出さなければならないが…。


     **********


その後、特に良案を思いつくわけでもなく、時は過ぎていった。
しかし、そんなことなど関係なく、昼休み、やはり彼女らは僕を訪れてきた。

「……」
「「「さぁ!!」」」

しかし、どうにも出来ない。

「やっぱり全員の――」
「「「ダメッ!!」」」

彼女らは、一度決めたら最後までやり通す子達。
とにかく今は逃げるしかないようだ。
勢い良くイスを引いて立ち上がり、走り出す。

「「「あっ!!」」」



「「「まてー!!」」」
「…!」

三人ともすごい速さで追って来る。
さすが運動部でそれぞれ活躍している子達だ。
なんて考えている場合じゃないが。
なんとかしなければ。
と、そこに、三つ子ではない声がかかる。

「おーい!なにやってんの?」

カイリュー先生だ。
実は先生、三つ子と仲がいいらしい。

「えー?えっとねー」「オドシシにチョコを」「え、選んで貰うの…」
「なるほど、で?なんで追いかけっこになってるの?」
「「「え?」」」

三組六つの目がこちらを向く。
その動きを追うように、先生もこちらに顔を向ける。

「…いや、あの…ひとつに…絞れなくて…」

我ながらなんと情けない説明だ、実際事実なんだけど。

「ふむ、そういうことね」

先生は、得心のいったような顔で溜息をついた。
さすが昔からの仲だけあって、彼女らの行動パターンは把握しきれているのだろう。
先生は三人の方を向く。

「ねぇ、三人?」
「「「へ?」」」

想定外の向けられた矛先に、三人とも驚き、間抜けな声を漏らした。

「どうなの?絶対一つじゃなきゃダメなの?」
「うん!」「あたりまえですわ!」「あ…う…」
「でもオドシシは困ってるよ?」

三人とも僕のほうをちらりと見る。

「三人ともあげればいいじゃない」
「「「でも――」」」
「オドシシに嫌われちゃうよ?」
「「「う…」」」



先生の説得のおかげもあり、三人には、三人全員渡すことを渋々納得してもらった。
そして今は、調理室のテーブルで向かい合って座っている。

「はいオドシシちゃん!」「頑張りましたのよ?」「た、食べて…」
「う、うん…」

三色のリボンが可愛い袋を、それぞれから受け取る。
それぞれの袋を開けると、チョコ、チョコのようだが、チョコとは思えない色。

「……」「……」

その物体を見て、僕と先生、双方とも訝しむ。

「…これは?」
「「「チョコ!!」」」
「なんでこんなすごい色してるの…?」

その色は、濃緑色。
なかなかに威圧感の放った、まるで魔法の薬を連想させるような、緑。

「ふふふ…あのねぇ」「すこし媚薬を」「混ぜたの…」
「「び、媚薬…?」」
「「「うん!!」」」

先生と顔を合わせる。
僕も先生も、開いた口がふさがらない状態だ。

「そんなものどこで…」
「「「内緒♪」」」

なにやら危険を感じる。
と、先生が小さい声で話しかけてきた。

「(私が時間稼ぐから、そのうちに逃げて!)」
「(は、はい…!)」

先生は三人に近づく。

「ねぇ?」
「「「うん?」」」

この隙に、廊下へと駆け抜ける。


     **********


その放課後。
あれ以来、あの三人は僕のところに来なかった。
カイリュー先生が説得してくれたのだろうか?
そう考えつつ、部活へと向かう。
ちなみに僕は蹴撃部。
少しでも男を磨こうと日々練習に励んでいる。

「こんにちは」
「おお、オドシシ」「やぁ」「あら、いらっしゃい」

練習場には既に、サワムラー先輩、カポエラー先輩、ラプラス先生がいた。
サワムラー先輩とカポエラー先輩は、部活前に少し組み合いをしていたようだ。
僕を見かけて、カポエラー先輩が近づき、話しかけてくる。

「ねぇ、オドシシはどうだった?」
「どう…とは?」
「チョコに決まってるじゃん!」
「ああ…」

思い出すだけで背筋が凍る気がした。
というか、三つ子のチョコ以外も玄関に放置しっぱなしだったな…。

「まぁ…いくつかは…」
「ホント!?やるじゃん!」
「先輩方は?」

サワムラー先輩は少し顔をあらぬ方向へと向ける。
それを見て先生はニヤニヤ顔をしている。

「私は相手がいないよ~」
「まぁ…俺は…あれだ…」「ふふふ」

やはりサワムラー先輩は先生から貰ったのだろう。
一年にも満たないほど短い付き合いだが、二人の関係はよくわかる。
カポエラー先輩からも貰えるのを少し期待してたんだけど、先輩は用意していないようだ。
チョコの話で盛り上がっていると、また、急に、彼女らが来た。

「!?」

扉が開いたと思って見ると、そこには、黒と白二色のエプロンドレスに、ヘッドドレスをつけた少女達。
ここにいる誰もが目を丸くしていた。

「…その…格好は…?」
「エアームドさんにー」「ちょっとお店を」「紹介してもらったの…」

そしてワタッコの手には同じようなメイド服がもう一つ。

「……」
「チョコと!」「この服!」「さぁ…!」

後ろを見ると、先輩達はなにやら輝いた顔――まるで――期待の眼差しを向けられているような――…

「「「あっ!?」」」

廊下に飛び出て、全速力で逃げる。



「「「まてー!!」」」

もう10分は軽く追いかけっこ状態だ。
いい加減体力も限界だ。
というかあの三人はよく走り続けられるな…。
と、もう追いつかれそうという時、急に目の前の光景が変わった。

「…?」

どうやら学校…ではあるようだが、どうやらテレポートしてきたようだ。
とういうことは、

「大丈夫か?」

やはりクレセリア先輩のおかげだ。
どうやら僕と同じ、女な男の境遇にいるようで、なにかと力を貸してくれる。

「あ、ありがとうございます…」
「ああ」

しばし沈黙が流れる。
ここはどこだろう?
周りを見る限り、どこかの教室のようだが、やけに暗い。
そして、先輩が沈黙を破る。

「おい」
「はい?」
「女の子は大事にしろよ」

今の状況を考えれば不可解な台詞。
まさか全部見られていたのだろうか…。

「お前も男なんだろ?」
「…はぁ」
「じゃぁ」
「え?」

またもや急に、光景が変化する。
目の前には、三つ子の三人。

「……」
「「「いたっ!!」」」

三つ子はメイド服とチョコを差し出す。

「「「さぁ!!」」」

あれを言うためだけにテレポートさせたのだろうか?
なにかが吹っ切れたような気がした。

――…


     **********


その後、オドシシと三つ子は、メイド服伝説を残したとか。



~~あとがき~~
まぁいろいろあって相当のロスがありましたが、書いてやりました。
最後のオチがなかなか上手くいかなくて内心orzですが;;
前作品ともあわせて読んでいただけたらなと思います;;
次回は幽霊巫女編!

この物語は、ぺる氏、BF氏、Capri氏からも、キャラをお借りしています。
上記の方々と、この企画に携わった全ての方々に、深く感謝いたします。
最後に、こんなものに付き合っていただき、本当にありがとうございました。m(__)m
第三弾、できあがったらまた見てもらえると嬉しい限りです。では。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。