5スレ>>287


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~~~♪~~♪



 街角の、こぢんまりとしたBAR。

 そこは…歳のいった、無口なマスターが切り盛りする。 知る人ぞ知る店の一つとして数えられていた。

 彼女、BARの歌姫であるプクリンが来る数年前までは。


~~~~~♪



 後から作られた、僅かに高くなっているステージの上で。 彼女は唄う。

 野生のプクリンらが歌う、明るく賑やかな歌とは違う…。

 穏やかで優しさに満ちて…少しだけ悲しみが込められた歌を。




失くしたアナタへ 贈る歌




~~~……♪


 やがて、歌も終わり…。

 ステージの上でプクリンが礼をすると同時に、客からの拍手がBARに響く。

 彼女が来る前からの常連も、彼女が唄いだしてから常連になった客も。


「……お疲れさん、今日は客も少ない。 給仕はいいから、今日はもう上がりな」


 その言葉に、戸惑うプクリン。

 困ったのは彼女目当てで来ていた常連であり、当然のように抗議の声を上げるが…。

 僅かに細めた、鷹のようなマスターの視線におとなしくなる。


「………明日は早いのだろう?」


 マスターのその言葉に…遠慮しがちに頷くプクリン。

 逡巡した後に、マスターに頭を下げ。 食い下がる常連らにも申し訳なさそうに謝罪しながら…。

 店の奥へと引っ込んでいく。


「……ひでーよマスター。プクリンちゃん引っ込めるなんて」

「…お前さん方にも、頼りになる萌えもんがいるんじゃないのか?」


 呻くように呟く常連の一人。

 その言葉に、苦笑しながらグラスを磨くマスター。


「頼りになるんだけどよー…事ある毎に、俺の生活態度嗜めたりよー…お前は俺のお母さんかっての…」

「俺も俺も、何かあるたびに殴られる」

「俺なんて電撃喰らったよ」「ソレはお前、無精ヒゲ嫌がるピカチュウに無理やり頬擦りしたからだろ」


 わーわー、と手持ち萌えもんから受けた仕打ち。 というよりも…。

 まるで、嫁の尻に敷かれた旦那のような愚痴を零す常連達。


「……ワシの店は、尻に敷かれた旦那の駆け込み寺ではないのだけどな」


 その様子に、複雑な笑みを口元に浮かべながら、新たに注文されたカクテルを手早く用意していく。


「しっかしマスター…どこであんなイイ子捕まえたんだよ?」

「……何を急に聞いてくるかと思ったら…」


 作り上げたカクテルを、客の前へ置く。


「何度訊いてもはぐらかすからじゃないか、今日こそ教えてもらいたいんだよ」

「……やれやれ…」


 プクリンに執心な常連の一人が、ブランデーを喉に流し込み…真剣な眼差しで問うてくる。

 せめてもの救いなのは、酔っ払っていてなお邪な感情がその瞳に見えない事だろうか。


「……聞いても、何一つ面白い事なんてないぞ」


 常連のボトルからブランデーをグラスに注ぎ、マスターは一気に呷る。

 そして…。


「………とっとと死んじまったバカ息子の、置き土産さ」


 短く、しかし重い口を開いた。










 プクリンのマスターは、とても真っ直ぐで…とても正義感の強い少年だった。

 彼はロケット団等の悪党を見過ごせず、そして困ってる人たちも見捨てられない性格だった。

 そして、彼は挫けそうになりながら道を歩み。警察となった。

 そして…………。


「…………………」


 朝靄が晴れぬ時間、プクリンは花束を抱え……ある場所に、立っていた。

 大切だった、失くしてしまった人の眠る地に。


「……………」


 墓石を綺麗に掃除し、花を供える。

 数年前に彼が逝ってから、欠かさず行っている事だが…今日は特別である。

 彼が逝った、命日なのだから。


 死因は……ロケット団のテロに巻き込まれての、爆死。

 警備人員として配置された区域が、偶然ロケット団の目標だった事。

 そして、身の安全よりも共に警備についていた同僚を庇った事。

 この二つが、彼の命運を決めてしまった。


 手を合わせ、心の中に今も鮮やかに残る彼に最近あった出来事を報告する。

 本来ならば共に警備についていたはずなのに、偶然が重なり…警察萌えもんの指導役補佐として急遽引っ張られ…。

 彼を守る事も、彼と共に逝く事すらも許されなかった。

 その事を恨み悔やんだ事もあるし、泣き明かして眠れなかった夜は一夜二夜ではない。


「…………」


 心の中で行う、いつも行っている報告を終え…すぅ、と息を吸い込む。

 彼が逝ったこの日に、毎年この場で捧げている…。

 二度と会う事のできない…彼へ贈る歌を、唄う為に。


~~~~~~~~♪


 朝靄が、晴れ始めた墓地に。 彼女の唄が優しく響き渡る。

 ソレは木々のざわめきを伴奏にしながら、癒えない悲しみを秘めながら場に満ちる。


~~~♪~~~~~~♪


 しかし、それでも…。

 彼がくれた温もりに、想い出に感謝を捧げ…。

 彼が安らかに眠れるように、そして心の中にいる彼が笑いかけてくれる自分である為に。

 彼女は唄う。


~~~~♪~~♪




 失くしてしまった、大切な人へ捧げる歌を。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。