嫁ドリル氏


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

嫁ドリル氏投稿作品


  • 今まで - 人がドリルキッスの餌食になりました。

青年レッドと、彼を取り巻く個性豊かな萌えもん達のお話。恋愛模様が中心になると思います。執筆ペースは非常にまったり。

※訪問者数1万超え、本当にありがとうございます。遅筆にもかかわらず楽しみにして下さる読者の方々の期待にそえる作品をこれからも書き続けたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。きゅっきゅっ(2009年10月25日追記、嫁ドリル)。
1万Hit記念SS

登場人物

(パーティーの萌えもん達は全員♀)

レッド

主人公。萌えもんリーグを制覇したのち、各地を当てもなく放浪しながら、バトルで路銀を稼ぐ若き青年。若いながらも父性に溢れており、パーティーの皆を時に優しく、時に厳しく指導する。本人自身も努力家だが、物事を少し深刻に考えすぎる傾向がある。少々人見知りする性格であり、人間の女の子と話すのは苦手だが、幼い頃から付き合ってきた萌えもんと触れ合う事には抵抗が無いようだ。また、パーティーの萌えもん達のレッドへの想いも自覚していて、現在は誰を生涯のパートナーとするか考え中。

フルール/フシギバナ

パーティーの最古参であり、レッドとは妹分かつ良き相棒。お互いの事は何でも知っているという自負があり、レッドが他のメンバーと楽しそうに話していると、内心気が気じゃなかったりする。小さい頃から一途にレッドを慕い続けていたものの、今までの関係が壊れるのを恐れてなかなか想いを伝えられずにいた。だがある時を境に、最近は少しずつ積極的にアプローチしているようだ。他の萌えもん達とも仲は良い。特にフューロ(オニドリル)とは親友と呼べるほどの付き合いだが、最近は少しギクシャクしている模様。

レッドに対する呼称は「ご主人様」。

フューロ/オニドリル

レッドがゲットした2番目の萌えもん。戦闘力そのものは格段に高いわけではないが、常に冷静沈着で、頭の回転も早く、レッドからは良き参謀として信頼されている。だが時折不思議な電波を受信するのがたまに傷。普段は必要最低限の事しか話さず、表情の変化も微々たるものであるため、彼女の本心を探るのは容易ではない。密かにレッドを慕っていたが、レッドとフルール(フシギバナ)との確固たる絆、親友としての関係、パーティーへの影響を考え、想いを打ち明けてこなかった。だがある時にフルールと大喧嘩した時から考えを改め、徐々にではあるが、レッドとの距離を近づけつつある。ちなみに普段のクールな口調は「業務用」であり、素が出ると退行する。さらっと毒を吐くので怒らせないように。

レッドに対する呼称は「マスター」。


エシュカ/サンドパン

良くも悪くもアクの強いパーティーメンバーの中で、数少ない良識者。物腰が柔らかく、分け隔てなく優しさを振りまくことから、レッドにとっては癒し系的な存在のようだ。パーティーで言い争いがあった時はレッドと共に仲裁に入り、皆をなだめる。また、幼いシャイカ(ピカチュウ)の面倒を見るお姉さんとしての一面もある。自分の意見を言わず、周りに歩調を合わせる部分が目立つが、根はしっかりしており、自分の中で譲れない事に関しては妥協の余地を見せない。それはレッドに思いの丈をぶつけた時に、如実に現れた。

レッドに対する呼称は「レッドさん」。

玉藻/キュウコン

パーティーの最年長。「○○じゃ」「わらわは…」など、古風な話し方をする。横文字が苦手で、無理して使って変なイントネーションになることもしばしば。年齢の話をすると烈火の如く怒るので注意が必要。ダイナマイトボディの持ち主であり、それを己の最高の武器と自認している。レッドに迫る時も、それを惜し気もなく利用して誘惑するが、今までのところ成功した事は無い。老成された大人の意見を言える唯一のメンバーであり、普段おちゃらけていても、ここぞという時には頼れる存在。特にアカルナ(ギャロップ)にとっては、良き相談役となっている。大酒飲み。レッドと共にタバコを吸ってくれる、唯一の萌えもん。煙草はキセルだったり紙巻きだったり。本人曰く「なんでも良い」とのこと。レッドに合わせるようだ。

レッドに対する呼称は「主(あるじ)」

アカルナ/ギャロップ

戦闘力はパーティーでも屈指。ワガママかつ高慢な性格で、レッドを自分の下僕のように扱う。玉藻(キュウコン)には頭が上がらないようだが、その他メンバーに対してもレッドほどではないにせよキツい物言いをする。だが、なんだかんだで最終的にはレッドの指示通りに動く(本人は仕方なく動いてあげてると認識している)。昔はもっと素直だったが、成長するにつれて気持ちが尊大になり、レッドとの関係を一方的なものとしてしまった。その事で一時はパーティーから去る寸前まで追い詰められたが、その後は心を改め、少しずつ昔の素直さを取り戻しつつある。

レッドに対する呼称は、皆の前では「あんた」、二人きりの時は「兄様」。

シャイカ/ピカチュウ

パーティーで唯一、リーグ制覇後に仲間になった。最年少であり、まだまだ子供である。だがその元気一杯な底抜けの明るさは、ピカチュウをパーティーのマスコット的なキャラとした。皆に可愛がられているが、特にエシュカ(サンドパン)は実の妹のように接してくるため、一際仲が良い。野生の頃はあまり人間と接してこなかったようで、よく他のメンバーに人間社会のあれこれを教えてもらっている(理解しているかは別として)。レッドの事が大好きだが、その「好き」はラヴというよりライクのようだ。

レッドに対する呼称は「兄ちゃん」。

グラードン

ピカチュウが加入する前、パーティーのメンバーだった萌えもん。レッドの父の頃よりレッド家におり、レッドにとってはお姉さん。リーグ制覇後にパーティーを離れ、旅に出てしまった。頼もしくも恐ろしい存在であり、事情を知らないシャイカと我関せずなフューロ以外には畏怖される存在。だが本当は、レッドの成長を何よりも願い、心から愛している良き姉である。

レッドに対する呼称は「レッド」もしくは「あんた」。

(じーっ)
「ん? なんだ?」
ぱしっ
「ちょ、なんだよ」
「……タバコ、だめ。体に悪い」
たたたっ
「?? なんだアイツ、いつもは何も言わないくせに」


「…マスターのタバコ」
「……捨てる前に、ちょっとだけ」


「……」
「けほっ、けほっ」
「うぅ…」

うちのオニドリルはこんな娘です。



一応の本編


本編と銘打っておりますが、パーティの皆で
ワイワイやってるだけという実態。


デートシリーズ


本編が共通ルートだとしたら、こちらは個別ルート。
書いてて一番楽しかったりする。


独白シリーズ


レッド君の昔話。
たまには主人公にスポットを当てるのも良いよね。


閲覧注意


本編ともデートシリーズとも違う、ダークな話。
パラレルワールドなので本編及びデートシリーズ
には影響しません。



感想等ご自由にお使い下さい。

  • デートシリーズ好き。次回も楽しみにしてます。 -- 名無しさん (2008-03-20 21:50:56)
  • このギャロップは間違いなく俺の嫁 -- 名無しさん (2008-03-29 21:36:59)
  • 渡 し ま せ ん -- 嫁ドリル (2008-04-01 10:01:12)
  • 2008年5月3日 23:08:05、私のSS「バレンタインに祝福を」(5スレ>>205)に対して
    「ハンドクリーナー」を掃除機だと言い、ハンドミキサーに書き換えた人へ。

    ハンドクリーナーという調理器具は実際に存在するので、その人は指摘は当てはま
    らないということだけ申して起きます。↓こちらをご参照下さい。
    http://item.rakuten.co.jp/kitchen-asahi/0222-0201/

    あと、自分の作品ならともかく、他者のSSの本文中に文言を入れな
    いで下さい。作品に対するご意見があれば、こちらに書き込んでください。 -- 嫁ドリル (2008-05-03 23:59:34)
  • どうやら誤解があったようで。
    書き換えに関しては返す言葉もありません。失礼いたしました。

    ただ一言言わせてもらえるならば。
    ハンドクリーナーが「器具名」であるならいいのですが、
    「商品名」である場合、SSに載っけてもいいのでしょうか?
    また、Googleなどで「ハンドクリーナー」と検索しても、出てくるのはまず掃除機か、洗剤です。
    後から「掃除機で…料理…?」と思われる方がまた出ないとは言い切れません(私のような真似はしないと思いますが)。
    蛇足ではありますが、『ゴムベラ』に書き換えておく方が無難かと思います。 -- 名無しさん (2008-05-05 00:01:18)
  • 「ハンドクリーナー 料理」でググってみましたが、商品名というよりは、ハンドクリーナーという一般名詞の、より限定的な意味であると考えます。私の通っていた料理教室でも、ハンドクリーナーと習いました。ですが調理器具としてのハンドクリーナーは、確かに料理をしない人にとっては分かりにくいのかもしれません。

    SSの本文を書き換える気はありませんが、あとがきの部分に注釈として「ハンドクリーナーという単語にはこういった用法もある。一般的にいうゴムベラのようなもの」と付け足しておく事にします。 -- 嫁ドリル (2008-05-05 18:23:38)
  • も、萌えじぬ~ -- 誰だろうねェ (2008-08-08 13:27:08)
  • こういう、メインのストーリーがあって派生するギャルゲタイプ、大好きです!(ゴーグルの彼然り)
    毎回登場人物がかわる読み切りはあんま感情移入できないし。
    まだまだ続けてください、期待しています。 -- 通りすがりにはまった人 (2008-10-12 06:34:33)
  • それぞれのキャラがちゃんと立ってて何度でも読み返したくなります。
    糖分過多の甘々展開大好きですが、ヤンデレのお話も読み応えバッチリでした。
    何より語彙が豊富でうらやましい限りです。 -- 狩人 (2011-07-06 11:48:08)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。