5スレ>>327


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…っ…ぐすっ…」

一人、私は泣いていた。
見知らぬ土地への旅。
家族と一緒だった私は、立ち寄った森の誘いを振り切れなかった。

―おいで、おいで―

その声無き言葉に誘われるように、私は森の奥へと歩を進めた。
そして気がつけばそこは知らない場所。 一緒だった両親は何処にも居なかった。
声なき言葉はもう聞こえない。
懸命に父と母の名を呼ぶ私。 けれど、その声に答えは無く、聞こえるのは静寂のみ。
いつの間にか日は暮れ、月が世界を照らし出す。
両親は見つからず、一人ぼっちで森の奥の開けた場所で泣きじゃくっていた。



「どうしたの?」

声をかけられたのは突然。
顔を上げると、私の前には一人の少女がいた。
月夜に照らされた世界の中で、手に持った分厚い本と赤くて長い髪が印象的だった。

「…ぐすっ…おかーさんと…おとーさんとはぐれちゃったの…」
「そう…だから泣いているんだね」
「…」

少女は私の隣に座った。
一人ぼっちじゃなくなった…それだけで少しだけ元気が出てくる。

「どうしてこんな奥まで? ここは大人でも滅多に来ない場所だよ」

私は此処までの経緯を話した。

「そう、森の声の誘いに乗ってこんな奥まで…女の子にしては少し活発すぎるんじゃないかな?」
「…っ…じゃあきみはどうなの?」
「私はいいんだよ…キミとは違うんだから」
「…なにそれ?」


それからは他愛の無い話ばかりだった。
もっぱら少女の話す夢物語のような話が中心だったが。

「ぜったいいないよー ちきゅうぐらいにおおきいクジラなんてー」
「居るんだってばー ソイツはいつも退屈してて遊んでばかりいるんだよ」
「へ~」
「でも体が大きすぎるから、遊び道具も大きくて、いつも他の皆が迷惑しているんだ」
「それぐらいのおおきさだと…おもちゃはにんげんよりもおおきいよね…それじゃあたいへんだ」



それから少しの時間が過ぎた。

「もう夜も更けてきたね…」
「うん…」
「キミはもう元気になったみたいだけど…私もそろそろ帰らないといけないんだ」
「そんな…」

少女との別れ。
それは同時に再びの孤独を意味していた。
だが―

「私がここから居なくなったらキミはまたひとりぼっちだ。だから―」

そう言うと、突然少女から光が溢れた。

「私がキミの両親の所まで送ってあげるよ」

光はどんどん私を包み込む
思えば、こんな森の奥に少女が居ることがおかしかった。
あぁ―少女は人間じゃない…ヒトの姿に進化した生き物―萌えもんだったんだ…

「これで…おわかれなの?」
「さぁね? 今度はいつ会えるかな?」

光が眩しくて目をあけているのが辛くなってきた。
そして私が見たのは少女の背に生えた翼と―

「でも…また会えるといいな。 だから―じゃあね、また会おう」

白から急速に色が変わっていく景色。
それは―虹色―



その後、私は森の近くで眠っているところを両親に発見された。
こっぴどく怒られたには怒られたがが、それよりも無事であることを喜んでくれた。
迷子になっている時に出会った少女のことは話したが、夢だと思われ信じてもらえなかった。
だがあの時の記憶…それは薄れることは無く…


―数年後―


「行っけえ!」

私の指示に従い、私の相棒のポッチャマが相手の萌えもんを攻撃する。
その一撃を食らった敵は、そのまま倒れ…起き上がらない。

「ズガイドス、戦闘不能! よって挑戦者の勝利です!」
「やったぁ!」

あれから数年、私は新しい萌えもん図鑑の作成の手伝いをしている。
その合間に各地のジムを回り、バッジを手に入れている(まぁ、現在1個目なんだけど…)
この世界にはいろんな萌えもんがいる。
それを探して旅を続ければ…またあの少女に出会えるかもしれない。

―じゃあね、また会おう―

その言葉を胸に秘め、私は旅を続けよう。



DPパッチもうすぐ配布(かもしれない)キタ―――(゚∀゚)―――!!
そのままのノリで作成
DPなのにシンオウと関係の薄い娘の出番ばっかり…でもいいの、嫁だから(ぇ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。