3スレ>>891


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピジョット「明けましておめでとうございます、皆さん」
オニドリル「もう元旦も終わりそうだけどね」
クロバット「徹夜でチャットして夜明けと共に寝て昼起きして、TV見て爆笑してたらそりゃそうなるよねー」
ギャラドス「おまけに二日酔いだしな」
ピジョット「でもちゃんと初詣は行きましたよ?」
オニドリル「嘘でしょ? いつ行ったのよ」
ピジョット「ええ、ちょっと豪血寺へ」
ギャラドス「陰陽師かよ!」
ドードリオ「あくりょーたいさん、あくりょーたいさん……♪」
カモネギ 「よーかいあくりょーこまったーときは♪」
オニドリル「やめなさい二人とも! 姉さんも変なもの見せないで!」
ピジョット「でもご利益はありますよ」
クロバット「いやいやいやいや」
ギャラドス「駄目だこいつ……」

ピジョット「それにしても、最近こういう直張りの小ネタって見かけませんね」
オニドリル「職人さんの数とレベルが上がったってことでしょ」
クロバット「これだけ良質な作品が雨あられと投下されると、こういうネタも出しづらいだろうしねぇ」
ギャラドス「>>1に書いてある大体の決まりを守ってくれれば、こんなネタでも大歓迎なんだけどな」
ドードリオ「みんな……楽しい……一番……」
カモネギ 「感想とかあるとやっぱりうれしいですし、感想のレスが増えてもいいと思います」

ピジョット「まぁそれはさておき、謹賀新年、皆さん、繰り返しになりますが改めまして明けましておめでとうございます」
オニドリル「昨年は数多くの作品、感想の数々、誠にありがとうございました」
クロバット「作者諸氏、読者諸氏のますますのご健勝とご多幸を祈りつつ」
ギャラドス「今後ともこのスレにてSSを執筆させていただく幸福に預からせていただくことの喜びを真摯に受け止めながら」
ドードリオ「……これをもって、嫁に3939の……新年のご挨拶に代えさせていただきます……」
カモネギ 「皆様の萌えもんへの想いが詰まったSSが、これからもどんどん投下されることをお待ちしております!」
ピジョット「それでは皆様」

一同「「「「「今年もよろしくお願いします!」」」」」




ピジョット「さて、それではこれから姫始めと」
オニドリル「やめなさい!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。