5スレ>>435


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もえもんマスターレッド
           最終話 希望を胸に

 全てを終わらせる時……!


レッド「チクショオオオオ! くらえカンナ! 新必殺オーバーヒートカーミナリピッカー!!」
カンナ「さぁ来いレッドォォ! オレは実は炎と雷の技さえあれば死ぬぞオオ!」

ザンッ!
カンナ「グアアアア!」
カンナ「こ このザ・アイスと呼ばれる四天王のカンナが……こんな小僧に…」
カンナ「バ…バカなアアアア」

カンナ「グアアアア」
シバ「カンナがやられたようだな……」
キクコ「フフフ…奴は四天王の中でも最弱……」
ワタル「小学生ごときに負けるとは四天王の面汚しよ……」

レッド「くらええええ!」
ズサッ!
四天王ズ「「「「グアアアアア」」」」

レッド「やった……ついに四天王を倒したぞ……」
レッド「これでグリーンのいるチャンピオンの部屋の扉が開かれる!」

ギィィィ……
グリーン《よく来たなもえもんマスターレッド……待っていたぞ……》

レッド(こ…ここがチャンピオンの部屋だったのか…! 感じる…グリーンの気配(笑)を…)

グリーン「レッドよ……戦う前に一つ言っておくことがある」
グリーン「お前は私を倒すのに七つのバッヂが必要だと思っているようだが……」
グリーン「別になくても倒せる」
レッド「な、何だって!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ
グリーン「そしてお前の親は痩せてきたのでマサラタウンに老人ホームを建ててそこに預けておいた」
グリーン「後は私を倒すだけだな……クックック……」

レッド「ふ……上等だ…オレも一つ言っておくことがある」
レッド「このオレがお前の姉に恋愛感情を抱いているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
グリーン「そうか」

レッド「ウオオオいくぞオオオ!」
グリーン「さあ来いレッド!」

レッドの勇気が世界を救うと信じて……!
ご愛読ありがとうございました!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。