オーキドシゲらない氏


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • オーキドシゲらない氏のページです。

今日は - 人シゲりました。
昨日は - 人シゲりました。
全部で - 人シゲりました。


えー、先に言っておきますが、このお話はシリアスでダークでスタイリッシュでかっこいい。

そんな要素は微塵もありません。




世の中の妙な理不尽に突っ込みつつ、まったりと、変態的に、世界を闊歩する主人公達。

ガイアが俺にもっと輝けと囁いている。




主な登場キャラ


  • マスター
 変態、元引きこもり、世が世ならとっくにお縄になってる危ない人。
 普段は比較的常識的だが、一旦スイッチが入るとマジで危ない。情緒不安定
 自身のボルテージによって、萌えもんのことを「たん」付けで呼んだり普通に呼んだりするよ。
 萌えもんがいなかったら止める人がいなくなる。そんな奴。
 だけど変な正義感持ち、悪い人ではない。名前・年齢はご想像におまかせします。

「乳首にとろろいもつけて遊んでたら痒くなった」



  • フシギバナ(フシギソウ・フシギダネ)
 マスター所有萌えもんの最古参。
 性格は誠実で素直で慈悲深くちょっと恥ずかしがりや。
 炊事・洗濯・掃除からマスターの○世話までなんでもこなせる凄いやつ。
 ていうかフシギバナがいないとマスターが死ぬかもしれない。
 マスターが気絶してるとき皆をまとめたりする。カーチャン的なカリスマ有。
 マスターの奇行・猥褻行為に思いっきり振り回される幸薄少女(まんざらでもなさそうだが)

「マスター、ご飯ができたと皆に伝えてくれませんか?」



  • ライチュウ(ピカチュウ)
 マスターのキャッチ&リリースというポリシーを見事破壊した、愛い奴。
 この子がいないとマスターが自重しない。お縄になる。
 今日もマスターをフラッシュで目くらまし、もしくは電気で麻痺らせる。
 正義感有、基本的に誰にでも平等に接するいい子。
 胸がないことはあんまり気にしてないけど指摘されると怒る。気にしてないってば。
 ギャラドスと仲が良い。

「マスターは地獄に落ちるべきだと思う。」



  • ギャラドス(コイキング)
 言葉遣いが一番マスターに近く、よくマスターの独特言語にノッたりする俺っ娘。でも常識人。
 ちょっと喧嘩っ早いところがあるが、マスターが大人げなさすぎて普通に見えてしまう。
 コイキングの頃は自分の弱さをコンプレックスに感じていて少々遠慮がちだったが
 ギャラドスまで育て上げ、トレーニングに最後まで付き合ってくれたマスターや
 皆にとても感謝している。よかったね。
 ライチュウと仲が良い。

「半年ROMってろ。」



  • フーディン(ケーシィ・ユンゲラー)
 メンバー参謀。敬語。
 マスターの頭脳となり働いてくれる。マスターが気絶してる時や
 マスターがめんどくさがってる時は戦闘指示をフーディンが出す(滅多にないが)
 クーデレだけどデレることは滅多にない。マスターがアレなのでしょうがない。
 ただ、マスターとなるようになったら抵抗することなく受け入れてくれるかもしれない。
 でも本人の立ち回りが良すぎるのでそんなことが訪れることはほぼない。

「瞑想中にじろじろ見ないでください。気が散ります。」



  • キュウコン(ロコン)
 メンバーの中で間違いなく一番ご長寿。年は内緒。
 普段はおっとりしてるが、きっかけがあればマスターにちょっかいを出すドS(あやしいひかりとか)
 ロコンの頃からSの気があったが進化してからはそれが顕著になった。
 性格はステータス上アホの子とあるが間違いなく確信犯。
 メンバーで一番巨乳。ギャラドスほどではないがマスターの独特言語を解する。
 Sの気は彼女なりの愛情表現なのかもしれない。

「あら大変、マスターのふくらはぎが緑色になっちゃった。」



  • フリーザー(様)
 いわずとしれた伝説の萌えもん。ほとんどしゃべらない。
 極稀に一言ボソッとしゃべることがあるぐらい。基本的に自分の意思表示を頭の動きで示す。
 相手を威圧するオーラ・カリスマを持つがマスターには無意味(むしろ助長)だった。哀れフリーザー。
 自分の思っている事を理解してしまうマスターに大変驚いていたが、今はそのことがちょっと嬉しいようだ。
 こおり属性だが別にお風呂とか平気。むしろ好き。後本人の体は普通に暖かい。もふもふ。
 皆と過ごす時間を大切に思っているようだ。

「・・・」





  • 本編 サブタイトル募集中

  • 番外とか色々


ここに載ってない作品は主に色々あって黒歴史です。
タバコの人と戦う奴の前編が見つからないーどこぞやー

動画ハジメマシタ ここ!

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。