5スレ>>483


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふぃーっ…」
「はぁ…とりあえずはこれで完成だな。悪いなフライゴン、ここまで手伝わせて」
「いやいや、かまへんで。素敵やないの、七夕のためにおつきみ山まで笹取りって」

7月6日。トキワジム裏庭の縁側(基本洋風の建物なのにこんな和室の縁側が2,3か所あるようだ。)。
七夕の前日、俺は貰って来た竹を庭に埋めていた。縁側の蚊取り線香はなかなか強力なようで、
あまり蚊にも刺されずにすんでいる。それは俺の向かいで竹を補強しているフライゴンも同じだ。


今日の昼間。俺はフライゴンに協力してもらい、オツキミ山まで飛んでピクシーと交渉、
七夕のための竹を一本(?)切ってもらってきた。
再びトキワジムに戻ってそれを植え終えたのが今さっき。既に日は沈んでいる。

「よしっ!じゃあ上がるか」
「はいはーい」

玄関にまわり、俺達はジムの中にあがる。トレーニング施設やスタジアムがある点を除けば、
ここはかなり大きな普通の家だ。…なんか語弊があるような気もするが…まぁいいだろう。

「お帰り、ご主人さま!」
「マスター、フライゴン、お疲れ様です。お風呂沸いてますから、ご飯の前にどうぞ」

エプロン姿のシャワーズとフシギバナが出迎えた。どうやら夕食の用意をしていたらしい。

「おおきにシャワーズ。マスター、ウチ先入ってもええ?すぐあがるし」
「ああ、行って来い」


フライゴンを風呂場に送り出し、俺は洗面所で手を洗ってリビングに入る。
テレビでニュースを眺めているフーディンと、机の上で何やら作っているライチュウとキュウコン。
フシギバナとシャワーズはキッチンで料理中、プテラはその手伝いか、机を拭いている。

「おや、お帰りマスター。終わったかい?」
「お帰り、ご主人」
「マスター、おかえりー!」
「おかえり…なさい…」
「ただいま。今植え終わったとこだ。…明日が晴れればいいんだがな」

言いながら、天気予報をうつすテレビに目をやる。…降水確率30%か。まぁ問題ないだろう。

「で、お前らは何を作ってるんだ?」
「えっとね、これ!」

じゃあん、という効果音が似合いそうなポーズで何かを見せてくるライチュウ。
布で作られたこの人形は…

「てるてる坊主、か。なるほど。…よほど七夕が好きなんだな」

思えばあの笹の発案もライチュウとキュウコンだったか。

「だって、織姫と彦星が一年に一度会える日なんだよ!?」
「雨がふったら…好きな人に会えないのは…いや、です…」
(七夕伝説か…)

確かに、愛する人に会える、一年にたった一度の機会が雨によって潰されてしまえば。
それはとても辛くて悲しいことなんだろうな、とは思う。…実際にそういう訳ではないんだろうけど。
雨でも会いに行こうと思えば行けるもんだしな。

「…そっか。出来たら俺が縁側にでも吊るしておいてやるよ」
「わーい!」



…子供かお前らは。




     * * *

そんなこんなで、7月7日、正午。


午前の間に挑戦者3人をフーディンだけで叩き伏せて帰って来ると、シャワーズが机の上で何か作っていた。

「あ、お帰りなさい」
「ああ、ただいま。何作ってんだ?」

色とりどりの厚紙を長方形に切り、紐を通してひっかけられるようにしてある。これは…

「短冊だね」
「ええ。折角ですから、作っておこうとおもいまして。
 私も七夕って好きですから」

なるほど。…まぁシャワーズは昔からこういうロマンチックなところあるしな。

「しっかし暑いな、今日は…ジムも換気扇じゃ辛くなってきたし…そろそろ空調動かすかなぁ」
「そうだねぇ…シャワー浴びてきてもいいかな」
「ああ、お疲れ。………ま、これだけ晴れてれば夜は心配いらないだろ」

言いながら、窓の外へ視線を飛ばす。
7月始めにしては強すぎる光が、地面を焼いていた。


     * * *


日が暮れ、夕食も食べ終えて。
短冊やら飾りやらすべて用意しおえた俺たちを待っていたのは―――

大粒の雨だった。

「…さっきまで薄曇りだったのに」
「通り雨…と言う訳でもなさそうだね」

ふと見ると、ライチュウとキュウコンが泣きそうな顔で空を見つめていた。
笹は軒下にあったため無事だが、これでは意味がない。

「…星、か」

ふと、思いついたことがあった。正直ちょっと無茶かもしれないが、やる価値のある策だ。

「フライゴン、フーディン、ちょっと来い」
「ん?」
「へ?」



     * * *


数分後。俺とフライゴンはびしょぬれになりながら、夏の空を飛んでいた。
一応雨具をつけているが、正直あまり役に立ってるとは言い難い。

「けどマスター!なんでわざわざタマムシまでいくねん!?別に近くの工具店とかでもよかったんちゃうん!?」
「どうせやるならちゃんとしたの買いたいだろ!前々からちょっと欲しかったんだよ!」
「めっちゃくちゃやなしかし!」
「うっせーよ!!」

豪雨の音にかき消されないように大声で言葉を交わす俺達。
タマムシデパートに駆け込み、閉店間際のショップで一つ大きな買い物をして、俺達はトキワへ戻った。


   
     * * *

雨の中、ジムにたどりついたフライゴンと俺はフーディンの部屋に入った。

「ただいま。フーディン、出来てるか?」
「ちょうど今終わったよ。全く、ずいぶんと立派なものを買ってきたじゃないか」
「まぁな。…転送システムがなければ帰りは大変だった」
「ほんまに…雨の中飛ぶのはこれっきりにして欲しいわ…」

どうやら他のみんなは居間に集まっているらしい。

「ちょうどいい。今のうちにこれをあの部屋に運ぶぞ」
「おっしゃ!」
「ふむ。じゃあ私は皆を呼んで来よう」


先ほどの縁側の和室。電気を落とし、暗くした部屋の中央には、小さな機械が置かれている。

「さて。まぁあいにくの雨で星は見えない…が。
 代わりにこんなものを買ってきてみた」

かちり、と。俺がスイッチを入れると――――

「わぁ…!」
「ぁ…」
「きれい…」

星が、部屋の中全体に広がった。
ガラスで作られたプラネタリウム。天の川まで再現された輝きは、部屋の中を一気に広げたみたいだった。

「ま、これで一応は七夕らしいだろ。 
 どうせ、雲の上はこうなってるはずだしな」


軒下の笹につけられた短冊。俺も一つ、何となく書いてみた。
他のみんなも書いて、お互いに見せないようにして笹に吊る。

そうして、雨の縁側に俺とシャワーズだけが残った。

「…ホントは、一年に一度と言わず、毎日だって会いたいんだろうな。あの二人も」
「…そうですね」




雨の音と、揺れる笹の葉の音。ひょっとしたら、空の上の河のせせらぎも、こんな音だったのかもしれない。

そんな事を思いながら。俺は笹につり下げられた自分の願いを手に取る。

ありきたりで子供じみた願いだけれど、それでもたしかに、これは俺の本心だと確信できた。









『ずっと、大切な仲間たちと離れることのないように』












 - end  -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。