※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<JR東日本>「キヨスク」を「キオスク」に変更へ

4月4日19時53分配信 毎日新聞


 JR東日本は4日、管内の駅売店の愛称「キヨスク」を7月1日から「キオスク」に変更すると発表した。ローマ字表記が「KIOSK」で利用者に混同されることが多く、「国際的な読み方に合わせる」(清野智社長)のが理由だが、他のJR5社は当面変更の予定はない。
 キヨスクは73年、旧鉄道弘済会売店の愛称として誕生した。「あずまや」を表すトルコ語由来の英語「KIOSK」からきているが、「清く」「来やすく(気安く)」という意味を込めてキヨスクと名付けられた。しかし、運営会社「東日本キヨスク」が7月に社名を「JR東日本リテールネット」に変更するのに合わせて、まぎらわしさを解消することにしたという。
 JR駅売店の代名詞だったキヨスクの存在感は低下している。東日本キヨスクの売上高のうち、88年度にはキヨスクが95%を占めていたが、06年度には34%に低下した。この年初めて、駅コンビニ「ニューデイズ」が35%となりキヨスクを抜いた。同社は、主な利用者が男性サラリーマンで新聞やたばこが主力商品になっているキヨスクから、幅広い顧客層を持つコンビニ型店舗への転換を進める方針だ。【増田博樹】



  • これじゃいみねー -- (名無しさん) 2007-04-05 13:55:52
  • タミフル反対!! -- (ヨシ次郎) 2007-04-05 13:57:39
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る