|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

IP固定化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


固定IP化

ルータを使用している人はプライベートIPを固定化しましょう。
プライベートIPについては専門用語を参照してください。

設定方法

  • 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「cmd」と入力

  • コマンドプロンプトが起動します。


  • 「ipconfig」と入力します。


  • Enterを押すとネットワーク接続の情報が出てきます。
IP Addressの数字
Subnet Maskの数字
Default Gatewayの数字
をメモします。
(人によってワイヤレスネットワーク接続と出る場合があります。)
※この時192.168.※.※と表示されない場合はルータを使用していない可能性が高いです。その場合はIP固定化はしなくて良いです。


  • ネットワーク情報をメモしたら「スタート」→「接続」→「すべての接続の表示」をクリックします。


  • ネットワーク接続画面が開きます。
(人によっては3つや4つあります。有線を使用している人はローカルエリア接続が青になっているはずです。)


  • 固定IP化したい接続先を右クリックし「プロパティ」を開きます。


  • ネットワーク接続のプロパティを開いたら「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択し「プロパティ」をクリックします。


  • インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティを開いたら「次のIPアドレスを使う」にチェックを入れ、「IPアドレス」、「サブネットマスク」、デフォルトゲートウェイ」にコマンドプロンプトでメモした数字を入力します。入力後、「次のDNSサーバのアドレスを使う」にチェックを入れ、優先DNSサーバに「デフォルトゲートウェイ」に入力した数字と同じ数字を入力します。


  • 以上で固定IP化は完了です。5分前後でインターネットに接続できるようになります。
もし接続できない場合は、設定を全部元通りに戻してください。
(IPアドレスを自動的に取得するとDNSサーバアドレスを自動的に取得するにチェックを入力するだけです。)