乾為天


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乾、元亨利貞。
乾は、元いに亨る。貞しきに利あり。
(けんは、おおいにとおる。ただしきにりあり。)
初九。潜龍。勿用。
初九は、潜龍なり。用うるなかれ。
(しょきゅうは、せんりょうなり。もちうるなかれ)
九二。見龍在田。利見大人。
九二は、見龍田にあり、大人を見るに利あり。
(きゅうじは、けんりょうでんにあり、たいじんをみるにりあり。)
九三。君子終日乾乾。夕惕若。厲无咎。
九三は、君子終日乾々、夕べまで惕若たり。厲けれども咎なし。
(きゅうさんは、くんししゅうじつけんけん、ゆうべまでてきじゃくたり。あやうけれどもとがなし。)
九四。或躍在淵。无咎。
九四は、或いは躍りて淵にあり。咎なし。
(きゅうしは、あるいはおどりてふちにあり。とがなし。)
九五。飛龍在天。利見大人。
九五は、飛龍天にあり、大人を見るに利あり。
(きゅうごは、ひりょうてんにあり、たいじんをみるにりあり。)
上九。亢龍。有悔。
上九は、亢龍なり。悔あり。
(じょうきゅうは、こうりゅうなり。くいあり。)