|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

コマンドラインで操作したい

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コマンドラインで操作する方法



コマンドラインインターフェイス


c:\program files\microsoft security essentials\MPCMDRUN.EXE

サポート情報の保存場所


C:\ProgramData\Microsoft\Microsoft Antimalware\Support

構文


MpCmdRun.exe [command] [-options]

Command Description


-? / -h


提供されているすべてのオプションを表示します。

-Trace [-Grouping #] [-Level #]


診断トレースを開始します。

Begins tracing Microsoft Antimalware's actions.
You can specify the components for which tracing is enabled and
how much information is recorded.
If no component is specified, all the components will be logged.
もしlebelを指定しなかったら、ErrorとWarningとInformationalレベルを記録します。
データは、サポートディレクトリに保存されます。
タイムスタンプをファイル名に持ちます。

[-Grouping]
0x1 Service
0x2 Malware Protection Engine
0x4 User Interface
0x8 Real-Time Protection
0x10 Scheduled actions

[-Level]
0x1 Errors
0x2 Warnings
0x4 Informational messages
0x8 Function calls
0x10 Verbose
0x20 Performance

-RemoveDefinitions [-All]


インストール済みのウィルス定義ファイルを以下のどちらかに復元します。
  • バックアップコピーをとっておいた前のウィルス定義ファイル
  • 標準で搭載されているオリジナルのウィルス定義ファイル

[-All]
インストール済みの定義ファイルとエンジンファイルを削除します。
このオプションは、定義ファイルの更新を試すのが難しい倍意に利用します。

-RestoreDefaults


すべてのオプション設定をデフォルト値にリセットします。
マイクロソフト・ウィルス対策ソフトのレジストリーの値を
推奨する規定値にリセットします。

-SignatureUpdate [-UNC]


新しい定義ファイルの更新を確認します。

[-UNC]
UNCファイル共有から直接アップデートを実行します。

-Scan [-ScanType]


マルウェアをスキャンします。

[-ScanType]
0 デフォルト設定か、もしくはあなたの設定したモード
1 クイックスキャン
2 フルシステムスキャン

-Restore -Name <name> [-All]


最近のもの、又はすべての検疫されたファイルを戻します。
名前をベースにします。

[-All]
名前を元に検疫されたすべてのファイルを元に戻します。

-GetFiles


サポート情報を収集します。

Gathers the following log files and packages them together in a
compressed file in the support directory

  • Any trace files from Microsoft Antimalware
  • The Windows Update history log
  • All MsMpSvc or MsMpSvcRtp events from the System and Application event log
  • All relevant Microsoft Antimalware registry locations
  • The log file of this tool
  • The log file of the signature update helper tool