|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

定期的に定義ファイルを強制更新する方法(特殊版)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

定期的に定義ファイルを強制更新する方法(特殊版)



用意しているファイルを使用する場合


スクリプト一式 MSSE_Update.zip

  1. 上記リンクからファイルをダウンロードし任意の場所に解凍します。
  2. 「update.vbs」を「C:\Program Files\Microsoft Security Essentials」にコピーします。
  3. 「a.bat」もしくは「b.bat」をメモ帳で開き編集します。(使用する方のみでOK)
    1. a.batは、ログオン時に定義ファイルを更新します。
    2. b.batは、20:00、04:00、10:00に定義ファイルを更新します。
  4. 「<ユーザー名>」「<パスワード>」を自分のユーザー名、パスワードに変更し、保存します。
  5. 「a.bat」もしくは「b.bat」をダブルクリックします。Vista、Win7の場合は、「a.bat」を右クリックし「管理者として実行」を選択します。
  6. スタート→アクセサリー→システム→タスク(タスクスケジューラ)を選択し登録されていることを確認します。

自分でファイルを用意する場合


管理者権限を持っているアカウント testUser
パスワード testPassword

1.任意の場所に任意のバッチファイルを作成します。(ここでは、a.bat)
2.以下のスクリプトを「a.bat」内に貼り付けます
schtasks /Create /RU <ユーザー名> /RP <パスワード> /SC ONLOGON /TN "定義ファイルの更新(ログオン時)" /TR "C:\Program Files\Microsoft Security Essentials\update.vbs"
3.「<ユーザー名>」を管理者権限を持っているアカウント名に変更します。ここでは、「testUser」にします。
4.「<パスワード>」をパスワードに置き換えます。ここでは、「testPassword」にします。

するとa.batは次の用になります。
schtasks /Create /RU testUser /RP testPassword /SC ONLOGON /TN "定義ファイルの更新(ログオン時)" /TR "C:\Program Files\Microsoft Security Essentials\update.vbs"

5.上書き保存します。
6.次のスクリプトを「C:\Program Files\Microsoft Security Essentials」に「update.vbs」という名前で保存します。
Dim WshShell, WshEnv
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set WshEnv = WshShell.Environment("Process")
WshShell.Run Chr(34) & WshEnv("ProgramFiles") & "\Microsoft Security Essentials\MpCmdRun.exe" & Chr(34) & " -SignatureUpdate",0,False
Set WshEnv = Nothing
Set WshShell = Nothing

7.「a.bat」をダブルクリックします。
  Vista、Win7の場合は、「a.bat」を右クリックし「管理者として実行」を選択します。

8.後は、スタート→アクセサリー→システム→タスク(タスクスケジューラ)を選択し登録されていることを確認します。


  • 実行すると「行:4 文字:1 エラー:指定されたファイルが見つかりません コード:80070002 ソース:(null)」って出ます。 -- ひな (2013-12-03 14:06:39)
名前:
コメント:
添付ファイル