※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ビル・デ・ビア


     無印時代 ハゲ最盛期 に最も恐れられていたエネミー
     なにもしらない初心者が、無敵のダブルアリアットにその身を散らせていった。
     それにみかねた熟練者が、ダブルラリアットに警告を発するもむなしく
     「プレイヤーを倒せと轟き叫ぶ」右手によって限界レベルの熟練者でさえも一撃で散っていった。

     いまでは、調整され、あk・・・ゲフンゲフン、青きサイクロンと呼ばれていた面影は、ない。












添付ファイル