※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 当時の新聞記事を画像の下に掲載。


      心機一転したイルミナス時代 その平和を乱すかのごとく今回の事件が発生した。

      突然生息数が、激減したガイノゼロス。異例の事態に
      これを重くみた惑星間動物保護団体が、絶滅危惧種と認定
      また、急激に生息数が減った調査をおこなった。

      なお、文々。新聞が独自にインタビューを行った八意(やごころ)医師によると
      ガイノゼロスのたまごは、医療用に広く薬として用いられるが
      入手が困難なため高値で取引されるという。

      今回の事件は、惑星で指折りの大富豪となった老人とその孫が、それらを大量に所持、
      GRMの医療機関に資金目当てに売っていた疑いがあるとのことである。

      これに関わっていたと思われるルゥ氏は、ノーコメントと答えるばかりであったが、
      ルゥ氏の帽子が、廃墟付近で数多く発見されている。
                                                       ~ 東スポ 稗田記者の記事より抜粋 ~










添付ファイル