※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

衣装

結婚式の費用の中でも、衣装に占める割合は比較的大きいものです。つまり、衣装を安く抑えることが手っ取り早く節約する方法なのです。私が一番安いと思った方法は、お色直しをせずに都民共済のウェディングドレス¥18.900,新郎衣装¥5,250をレンタルすること(月々の掛け金¥2.000は別途必要)です。しかし、一生に一度の結婚式ですから、お色直しをしたい、ウェディングドレスにはこだわりがある、ドレスを手元に残したい、和装も着てみたいなど人によって希望も様々です。ですから、何が一番安いとは言えません。例えば、レンタルするなら絶対に買った方が得だと考える人もいるし、手元に残しても管理できないからレンタルの方がいいと思う人もいます。「これをやりたい」と思うことがあれば、それを我慢して節約するのではなく、希望を叶えるにはどうやったら安くなるのかを考えましょう。

1つのお店で全部揃える

お色直しをする場合、1つのお店で全部揃えると2着目以降は半額だったりとお得なセットプランになることが多いです。

 

金額はトータルで考える

A:ウェディングドレス ¥150.000 (新郎衣装込み)

B:ウェディングドレス ¥90.000  新郎衣装 ¥70.000

Aの総額は¥150.000、Bは¥160.000とBの方が値段は上です。ですが、「ウェディングドレスが¥10万以下でレンタル可能」と謳っていたらどうでしょう。とても安い気がしませんか。衣装選びの時には、ウェディングドレスの値段に目がいってしまいがちです。トータルの金額で考えるようにしましょう。ただ、Bならウェディングドレスだけレンタルして、新郎衣装は他でもっと安いものを見つけることも可能かもしれません。

 

C:ウェディングドレス ¥150.000 (新郎衣装込み) (小物付)

D:ウェディングドレス ¥130.000 (新郎衣装込み)

CよりDの方が安い・・・とは、一概にはいえません。小物とはベールや手袋、靴、アクセサリーなどのことですが、ドレスの値段ばかりに目がいってしまい、意外と忘れがちなものです。契約してから小物合わせの段階になって、 予想外の追加費用が発生してしまうことも珍しくはないのです。

*小物だけを安く売っているお店を探したり、手持ちのアクセサリーを使っても節約できます。

 

お色直しに自前の振袖を着る

 

和装をする場合にはほとんどがレンタルになりますが、自前の振袖を持っていればそれをお色直しの衣装にすることも可能です。少し地味ではないかと、心配しなくても大丈夫です。和装は十分華やかですし、何よりご両親(祖父母)がつくられた物でしょうから思い入れもあって温かい式になるとお思います。

 

洋髪にする

 

日本髪ではなく洋髪に和装を合わせれば、かつらのレンタル費用が省けます。また、洋装と和装ではメイクの仕方も違いますので、メイク直しの費用が発生することがありますが、これも洋髪なら必要ありません。また、オーガンジー素材などを使った新和装と呼ばれる和装なら、引き振袖や打ち掛けよりも割安です。ただ、神前式で挙式をするのならやはり伝統的な日本髪の方が似合うんじゃないかな~と個人的には思います。

 

 

 

都民共済ブライダルプラザ

ウェディングドレスが小物込みで¥18.900で借りられます。和装も約¥30.000~¥40.000で借りることができます。共済に加入する必要がありますが、月々の掛け金を足しても破格の値段です。*都内在住・都内に通勤している人のみ

 

TIG dress

小物込みで¥50.000~¥120.000でレンタル可能です。

 

Dress Revue

小物込みで¥52.000でレンタル可能です。オーダーやオーダーレンタルも可。