※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

結婚式には、ありとあらゆる場面で花が使われます。その費用を抑えるポイントをご紹介しましょう。

外部委託をする

価格のリーズナブルなフラワーアレンジメント業者やお花屋さんに外部委託すれば、費用は抑えられます。会場装花などを受け入れている式場は少ないかもしれませんが、ブーケや花束贈呈用の花束、ヘッドパーツなどは可能なところもありますので、確認しましょう。

安い花材でコーディネートする

安い花材、と言ってもどんな花が安いのか分かりませんよね。なんとなく「薔薇は高そう」とか、「葉を混ぜれば安くなるかな」とか。そこで、ここはやはりプロに相談するのが一番だと思います。プランナーさんを通して会場装花の担当者に希望を伝えてみましょう。

必要のないところを見極める

装花には絶対に必要なところと、それ以外にオプションで追加していく項目とがあります。絶対に必要なところというのは、メインテーブルとゲストテーブルの装花や花嫁の持つブーケ(洋装の場合)などです。それ以外の項目というのは、例えば、ウェディングケーキの周りやケーキナイフに飾られる花だったり、フラワーシャワーに使われる花びらや挙式用の椅子に飾る花、髪に飾るヘッドパーツ・お手洗いや控え室に飾る花など様々です。一つ一つの金額はそれ程高くありませんので、ついつい追加しがちですが、その一つ一つを足していくとまとまった額になりますので、気をつけましょう。オプションの項目は、必ずしも必要というわけではありませんので注意してください。

生花以外で代用する

生花よりも割安にできるものをいくつかご紹介しましょう。

 

会場装花 : キャンドルを使って会場をコーディネートする。全く生花を使わないというわけにはいきませんが、一部、キャンドルに変更するだけでも費用は押さえられます。

 フラワーシャワー : 花びらよりも割安なライスシャワーがあります。

ケーキ・ケーキナイフ用装花,グラス装花,フラワーガール用の花びら:造花にする。

 

ブーケは一つ

お色直しでカラードレスを着る場合、カラードレス用のブーケも必要ですが、ウェディングドレスのブーケと共用にすることで、ブーケ一つ分の費用が節約できます。ポイントは、どちらのドレスにも合うブーケにすることです。

 

会場装花をプチギフトにする

ゲストテーブルに飾られている花は持ち帰り自由だったりしますよね。ゲストは、特に女性は花をもらうと嬉しいものです。そこで、会場の装花に使われた花を一輪巻きにしてプチギフトの代わりにすれば、プチギフト分の費用がなくなります。これは、式が終わるとすぐにメインの装花をばらして一輪巻きにしなければいけません。短時間の作業になりますので、式場に可能かを確認しましょう。