にわとり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニワトリ(鶏, 学名:Gallus gallus domesticus)は、鳥類のひとつ。代表的な家禽として世界中で飼育されている。

概要

鶏は肉と卵を食用に、羽を衣服(特に防寒具)や寝具に利用するため、世界中で飼育されている。特に食用目的での飼育が盛んであり、伝統的な放し飼いによる低密度な飼育から、大規模養鶏場での高密度な飼育まで、生産者ごとに数々の飼育法が用いられる。食肉としては、淡白な白身で、栄養素としてタンパク質に富む良質な肉質を持つ。 翼は比較的小さく、飛ぶことは得意ではないが、野生化した個体は数十mほど飛ぶことがある。

人類により、野鶏から早い時期に家禽化されたが、端緒は食用ではなく、祭祀用であったと推定されている。最初にニワトリを家禽化した中国南部は今でも飼育密度が高い。

特有の甲高い鳴き声もニワトリの特徴のひとつとして挙げられる。現在日本国内では鳴き声を「コケコッコー」と表現する場合がほとんどだが、江戸時代では「東天紅(トウテンコウ)」と表現していた[1]。英語圏では「Cock-a-doodle-doo」 (クックドゥードゥルドゥー)、中国語圏では「咯咯」や「喔喔」等と表記する。

まばたきの仕方が人間とは異なり、下から上に被せるようになっている。眼球運動が出来ないので常に首を前後に振っている。

注意事項

以上は全てニワトリについての記事です。
ここからナレキンのにわとりについて書きたいと思います。

人物

pixivや公式などの多数の絵チャで活発に絵を描いていて、ナレキン以外でも目にする機会が多い。
描くときはものすごく集中しているため、コメントがきても気づかないことが多々ある。

一時期海外に留学していて、そこからでもナレキンをしていた強者。

水彩が主。カラフルな色を多用し、キャラクターというよりも人物画を描きまくる。
れんにまけず劣らず迫力ある線や構図を描いており、惹きつける力強い絵を描く一方で、
おそろしく精密で繊細で大規模な絵もかく。剛柔かねそなえた絵描きだと思います!
自分なりの画風を持っているため、ログをみると養鶏場のにおいがする。

関連記事

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル