※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2009年5月21日 23:25 ~ 砂漠 (後入)



【なると】 火力:3 BIS:2 WIZ:3 ネクロ:2 >1PT+α(10人)



【お相手】 火力:4~ BIS:2~ WIZ:3~ 足止め:0~ ネクロ:1~ >2PT



 今回の対戦相手は、薩摩藩さんです

 島津家の家紋である「丸十字」がなかなか渋いですね

 信長の野望をプレイするとき、ついつい織田や武田を選んでしまいがちですが、ビギナーには島津がおすすめですよ

 というのも、確かに織田や武田には有能な家臣も多く、国力も高いので、序盤はかなり簡単に領土を拡大できます

 問題はそこからですね

 両家とも、日本のほぼ中央に領土を構えていますので、領土を広げるにつれて、東にも西にも気を配らなければいけません

 一方、島津家は、一門衆以外は微妙な武将が多いです

 しかし、義久が政治を仕切り、義弘が戦を仕切るという形で役割分担はしやすいです

 また、日本の南端から開始ということで領土を広げていっても、敵国に全く隣接しない安全地帯を作り出すことができます

 そうなれば、安全地帯にはカス武将を配置しておき、最前線には常にエースクラスを配置できますので、常に全力で戦うことができます

 そして、九州を統一するころには、龍造寺家の鍋島直茂や、大友家の立花道雪などの優秀な配下も増え、近畿につくころには、毛利家・長宗我部の家臣が加わり、武田・織田にも劣らない戦力となっています

 また、近畿を押さえてしまえば、鉄砲をほぼ独占できますので、少ない兵力で城を守ることができますので、さらに用兵が楽になるということで、そのころには飽きてきますけどねw

 まあ、逆にですが、島津を最後に残してしまうと、大量の鉄砲隊で篭城されてしまいますので、10倍くらいの戦力がないと攻め落とせないですけどね・・・


 さて、戦国ヲタぶりを発揮しすぎましたが、そろそろ本題に

 お相手は、平均レベル的にはウチと同じくらいでした

 展開としては、終始押し続ける形となり、普段の10倍ほど得点をあげる結果となりました


 薩摩藩様、対戦ありがとうございました