―夏バテ娘~ハチャメチャ、金魚は生きているのか死んでいるのか!?編~―


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―夏バテ娘~ハチャメチャ、金魚は生きているのか死んでいるのか!?編~―


男「昨日は疲れたな、小遣い減ったし」

夏「あ〜…つ〜…い〜…」

男「あとちょっとだから踏ん張れ」

夏「ぅ〜…」

男「ったく…なんにも変わらないな」

男「ほら、肩に…」

──────────────

男「やっと教室…」

夏「あぅ〜…」

男友「よう、やらないか」

男「よう」

男友「早速だがな男」

男「なんだ?」

男友「けつを貸してくれないか?朝から疼いてな」

男「なに?風紀委員が俺を呼んでる?なんでだよ」

男友「うほっ、以心伝心。まあそう言うことだ」

男「んで、業後生徒指導室に行けばいいんだな?」

男友「ああ、やらないか」

男「さんきゅ、んじゃ授業始まるからすわれ」

男友「ツンデレか。だがそれがイイッ!」

夏「…ぅ〜…」

──────────────

男「んで業後生徒指導室前と」

男「お邪魔します」

風紀「ふむ…よく来たな。とりあえず座りなさい。いや、座れ、正座で」

男「異議をもうしたてます」

風紀「却下」

男「…」

風紀「よろしい。で、なんで呼ばれたかわかるな?」

男「皆目検討つきません」

263呼ばれた理由
──────────────