―夏バテ娘~ハチャメチャ、金魚は生きているのか死んでいるのか!?編~4―


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

303.レオン◆L3vDXB8VVM
ID:FvHUhwGrNY

いっそ一人我慢大会でもして暑さに慣れる

[Ez/W51S]
返信 消去 編集
[2008/07/29(火) 20:23]
──────────────

男「んじゃ暑さになれる、がんばるぞ」

夏「…うぃ」

男「がんばれ、俺もあつい」

夏母「我だって」

男「あ、おばさんはやらなくていいですよ?」

夏母「私を大切にしない奴なんて大っ嫌いだ!!」

男「はぁ…」

夏母「心をなにに例えよう!?」

男「知りませんよ」

夏母「ぁ…」

ドロン

男「?いきなりどうしたんだ?な、な…つ…?」

夏「我覚醒」

男「ぁ…」

──────────────

男「…手は尽くした」

夏「ぅ〜…」

男「あの後お前なだめるの大変だったんだぞ」

夏「…うぃ…」

男「あと5日か…」

男友「困っているようだなマイハニー」

男「どうしたもんかね…」

男友「まあまあいつものような話じゃあない。マイハニーを手助けするために来たんだ」

男「…本当か?」


男友「阿部にちかって」

男「…ならなんだ?」

男友「クーラーをつけるだ」

男「無理だろ」

男友「いや、俺マグナムがあればいける」

俺「…」

夏「うぃ〜…」

──────────────

男友「ここだ」

男「どこだよ」

男友「学校の近くの公園さ」

男「いやな予感がする」

男友「いた…」

男「…」

教頭「や ら な い か」

男友「ウホッ、いい男!!」

男「…なにやってるんですか教頭先生」

教頭「ふっ、愚問だな。いい男、否、いいケツを選ぶのに私は時間を惜しまんよ」

男「仕事しろよ」

教頭「それとこれとは別だ」

男「…」

男友「教頭先生。や ら な い か」

教頭「ウホッ!!いい生徒!!…まさか我が校にこんないいケツがあるとは…いいだろ、こっちにこい」

男友「俺もだよ。あんたみたいなビックマグナム俺も初めてだ」






アーッ!!







男「…帰るか」

──────────────