※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DefaultGWの設定


Linuxにデフォルトゲートウェイを設定するには、route addまたはip route addを使用します。
以下の例では、デフォルトゲートウェイとして192.168.11.1が指定されています。

[root@net-tools ~]# route add default gw 192.168.11.1

[root@net-tools ~]# ip route add default via 192.168.11.1

確認はnetstat -rnまたはip route showで行います。
ルーティングテーブルの一番下の行に0.0.0.0宛てのGatewayとして192.168.11.1が指定されていることがわかります。

[root@net-tools ~]# netstat -rn
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags   MSS Window  irtt Iface
192.168.11.0    0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 eth0
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U         0 0          0 eth0
0.0.0.0         192.168.11.1    0.0.0.0         UG        0 0          0 eth0

[root@net-tools ~]# ip route show
192.168.11.0/24 dev eth0  proto kernel  scope link  src 192.168.11.100
169.254.0.0/16 dev eth0  scope link
default via 192.168.11.1 dev eth0