※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


インストール手順

Windows版をインストールしてみる。

  1. http://insecure.org/nmap/download.htmlのWindows binariesからLatest stable release self-installerをインストールする。2007年12月現在のstableバージョンは、nmap-4.50-setup.exeなので、これをインストールしてみる。バージョン4.50以降のパッケージには、NmapのGUIバージョンZenmapも含まれています。
  2. インストールの手順とか知っておいた方がよさそうなことがhttp://insecure.org/nmap/install/inst-windows.htmlに書かれています。読んでおきましょう。この資料によると、
    1. -sTオプションを使った場合には、windowsの場合パフォーマンスが悪くなるかもしれない、らしい。
    2. そのため、nmapをインストールしたフォルダにある''regedt32 nmap_performance.reg''をダブルクリックすると、WindowsのTCP/IP関連のレジストリが変更されてパフォーマンスがよくなる、らしい。どのレジストリなのかは、http://insecure.org/nmap/install/inst-windows.htmlを見てください。