※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パレットのメールで、
今年度の有志による学外展についてですが、昨年度と同様にやるのであればと、赤レンガを日程的に仮押さえしています(というかもうこれからだと空きがありません)。
さらに、ちょっと資金的に応援しようとも考えています。
この件について相談したいので代表者を決めて研究室に来てください。
ということだったので、主要メンバー4人で研究室に行ってきました。
以下そのまとめです。

横浜赤レンガ倉庫について

横浜赤レンガ倉庫は、2008年3月3日から9日まで仮押さえ中。別の場所にして赤レンガ倉庫を断ることもできるが、ひとまず大学側で押さえてある。
その日程で行う場合、3、4日(月、火)が会場設営、5から9日(水から日)までが本番、9日夜に撤収というスケジュール。
また、この日程で環境以外に産業、視覚も同会場で展示を行う可能性があるので、展示スペースの兼ね合いや、日程については後々各学科の代表者でまとめることになる。

資金的な援助について

赤レンガ倉庫で他の学科と同時開催で行った場合、大学全体での学外展という意味合いが大きくなること、また、宣伝効果も期待できることから、環境デザイン学科は有志団体で学外展を行うものの、大学側から資金的な補助を行うこともできる。
補助できる内容は、新潟-横浜間の交通費(注:全額か一部補助かは聞いていないので不明)、DMの印刷費用やOBOGへの郵送費用など。
詳細は事務局入試広報と要打ち合わせ。
なお、赤レンガ倉庫で行わなかった場合は、上記意味合いが薄れてきてしまうので、援助は難しい。

先生へのカンパについて

毎年、先生へのカンパを行って資金集めをしているが、方法や金額などで一人の先生に負担をかけないようにしてね。

以上こんな感じ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|