ウォコットモバイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォコットモバイル(wocotmobile、ウォコットモバイル)は日国最大手の携帯電話事業の企業グループ及びそのブランドである。通称ウォコットwocot。”wocot”の名称は” The world that is connected through a mobile communication”(移動通信を通じて繋がる世界)の頭文字とmobileを模ったものである。キャッチフレーズは「あなたの新しいを明日に」。

概要

 

現行のサービス

端末ラインアップ

WOCOT 3G
第3世代携帯電話(W-CDMA方式)サービス。現在の主力サービス。
WOCOT HTE
第4世代携帯電話(LTE方式)サービス。ウォコットの次世代携帯電話規格になっており、開発・研究が進められている。
WOCOT 2G
第2世代携帯電話(GSM方式)サービス。かつての主力サービス。

事業展開区域

省略

携帯電話端末の型番とルール

  • x09シリーズ、x07シリーズ、x05シリーズ (例:F109など)
    現在、ウォコット主力のシリーズに「ハイエンドのx9」「マイナーチェンジのx7」「何かに特化したx5」に分かれている。
    x9シリーズは、最新機能や高性能な機能が搭載されるなどの前部入りになっている。
    x7シリーズは、デザインや土台の機能に多少の付け加えがされている。
    x5シリーズは、テレビ(ワンセグ)やカメラなどに特化した端末になっている。

主な携帯電話供給メーカー

カシオ計算機
 略称「CA」デジタルカメラを開発・発売している会社であることを生かして、カメラに特化したEXILIMケータイを発表している。同じく腕時計「G-SHOCK」の技術を生かして、耐水・耐衝撃機能に特化したケータイも発表した。日本語入力システムはATOK。
日立製作所
 略称「H」液晶テレビを開発・販売している会社であることを生かして、Woooケータイを発表している。日本語入力システムはATOK。
三菱電機
 略称「D」
富士通
 略称「F」
京セラ
 略称「K」
三洋電機
 略称「SA」
日本電気(NEC)
 略称「N」
ノキア
 略称「NM」
パナソニック モバイルコミュニケーションズ
 略称「P」
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
 略称「S」
サムスン電子
 略称「SC」
シャープ
 略称「SH」
東芝
 略称「T」