サーバー建設


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


BF2ゲーム本体を使った簡単なサーバー建設

BattleField2には簡単なサーバーを建てる機能があり
ゲームを始める感覚で、すぐにサーバーを建てることができます。カスタムマップもおk。
また、サーバーとなるプレイヤーのPCは、比較的ハイスペックでなければなりません。
(BF2が遊べるPCなら大体は大丈夫ですが)
スペックにもよりますが、~6人で遊ぶ場合はこれで十分です。
COOPServerの場合、BOT演算のためか、より処理力が必要なようです。
サーバー検索にはひっかからないので、グローバルIPをうpする必要があります
自分のグローバルIPを知りたい場合はこちら→診断くん(上から2番目のREMOTE_ADDRの項)

■必要なもの
BattleField2
接続する相手と同じバージョンにしておいてください。最新は1.41。
■ポート開放
ルーターの設定で、 ポート16567(UDP) を開放してください。
設定方法はルーターごとに変わるため、この点で問題があればSkype等で聞いてください。
■サーバー建設
BattleField2を起動し、ログインします。
「MULTI PLAYER」→「CREATE LOCAL」をクリックします。
以下のゲーム設定をして「サーバー開始」し、ロードが終了すれば完了です。
■サーバーの設定(ソフトウェアの使用方法)
■サーバー名
適当なサーバー名を入力してください、ロード中に表示されます。
■パスワード
パスワードが必要なときには入力してください
しかし、接続するにはIPが必要なので、よっぽどのことが無い限り必要ありません
■時間制限
時間制限です、単位は「分」
■プレイヤー数
プレイヤーが接続できる上限数です、スペックや回線と相談してください。
だいたい16人あたりで良いかと思います。
■出撃まで
負傷してから次のリスポンまでの時間です、デフォルトでは15秒。
スピード感が欲しいなら10秒がいいでしょう。
早すぎると緊張感が無くなります、マップ観光の場合は1秒もあり。
■チケット比率
チケット数です。少人数なら50や100、短時間でやりたいなら10も可。
■ラウンド数
同じマップを何回回すかです。
■フレンドリーファイア
味方ダメージ、および地雷。チェックをいれるとONになります。
■オートバランス
身内でやる場合、柔軟性のため入れないほうが良。
■搭乗兵器無し
兵器がなくなります。
■マップ選択
皆でプレイしたいマップを、左のボックスから右のボックスへ移動してください。
この順番にマップが回ります。
■参考資料
夏休みはBF2サーバーを立てよう(初級編)-4Gamer.net


サーバーソフトウェアを使った本格的なサーバー建設

細かいサーバー設定をするには、専用ソフトウェアを使ったサーバー建設が必要です。
この場合、サーバー専用のパソコンが必要になります。
しかし サーバーとなるPCのスペックはあまり必要ありません
人数の多いCoopサーバーを建てる場合はCPUパワーが必要ですが
3D描画をすることがないので、ビデオカードはオンボードでも可能です。
一昔前のノートパソコンをひっぱり出してサーバーに、ということも。

しかしその反面、 比較的高い回線速度と回線帯域が必要で
限界を超えるとPingがとても高くなり、まともにプレイできなくなります。

ソフトウェアにはEAが配布している「BF2Launcher」か、有志が作成したBF2CCD、BF2CCがあり
BF2CCD、BF2CCを使った方法では遠隔操作も可能になります。
外出先や他プレイヤーからのサーバー操作ができるなど、非常に優れています。
クラン戦に使われるサーバーには、基本的にこれが使われます。

■ポート開放
UDP/TCP  27900 GameSpyを使うのに必要
UDP/TCP  29900 PUNKBUSTERを使うのに必要
TCP  80 WWW、サーバー検索に表示させるために必要
TCP  4711 外部からのRemote-Control用
TCP  4712 BF2CCを使う場合のみ、Remote-Controlに使う
TCP  1024-1124  
UDP  1024-1124  
UDP  1500-4999  
UDP  27901 必要ない可能性あり
UDP  55123-55125 VoiceChatを使用するために必要
UDP  16568 デフォルトでは16567

BF2をプレイしているマシンに16567を割り振っている事が多いので
サーバー機は16568にして建設します、これでBF2と同時にプレイできます。

BF2 Server Launcherを使ったサーバー

以下にある4Gamerの記事が詳しいのでこちらを参考にすれば問題なく導入できると思います
■必要なもの
BattleField2 Server(WakapaiServer様)
■ソフトウェア導入
ダウンロード後、通常通りインストールします。
■サーバー設定 :■参考資料
夏休みはBF2サーバーを立てよう(上級編)-4Gamer.net


BF2 CCD、BF2 CCを使ったサーバー

■必要なもの
BattleField2 Server(WakapaiServer様)
BF2CC(WakapaiServer様)
BF2CCD(WakapaiServer様)
.NET Framework1.1 SP(WindoowsUpdate)

NET Framework1.1 SP1 をインストールしないとCC及びCCDが正常に動きません。
現在の主流は.NET2、3なので高確率でインストールしてない事があり、注意が必要です。
Frameworkが正常にインストールされていない場合、このようなエラーが出ます。
ソフトウェアの起動はできますが、設定の保存(後に記述)ができないので
実質、BF2CCを使うことができません。

■ソフトウェア導入
  • BF2ServerCliantをダウンロードし、インストールします
  • ダウンロードしたBF2CC、BF2CCDを解凍します
  • CCDを解凍したファイルの中のmodmanager-v***.zipを解凍します
  • 「admin」フォルダと「mods」フォルダをBF2CCのフォルダへコピー
  画像の場合はバージョン1.4です。
  • 「modmaneger.con」をBattlefield 2 Serverフォルダのmods/bf2/settingsへ移動します。
  • BF2CCDを起動します、初めて起動した時にウィンドウが出ます
ServerExecutable デフォルトのままにしてください
ServerFolder BF2Server Cliantがインストールされている場所です
(変な所にインストールしてなければ初期設定のままにします)
Server Executable 空欄のままにしてください
DaemonIP 0.0.0.0のままにしてください
Port 4712のままにしてください
Auto Restart on Crash ソフトウェアが終了した時に、自動で再起動する機能です
Admin account Password パスワードを決めて入力してください、基本は「admin」
Confirm Password パスワードのチェックです、上と同じものを入力
  • 以上を入力し「OK」を押すと、CCDが起動します。
Start サーバーをスタートさせます、CCでするので必要ありません
Stop 上同様
Restart 上同様
Current Status 現在のサーバー状況です、Stoppedは停止中
Server Name サーバーの名前です、後にCCで設定できます
Daemon Version BF2CCDのバージョンです
Startup Profile CCDが起動時に読み込んだプロファイルです、後にCCで設定します
Daemon IP DaemonのIPです、0.0.0.0
R-Con IP Remote-ControlのIPです、外部用なので4711

  • BF2CCを起動します、初めて起動した時はライセンス認証が出ます
  ライセンス認証です。チェックボックスをオンにして「Continue」
  • 認証が終わると、loginダイアログが開きます。
プルダウンメニュー サーバーの名前が表示されます、最初はなんでもいいです
+ボタン 新規のサーバープロファイルを作成します
×ボタン サーバープロファイルを削除します
ConnectonType BF2CCDaemonを選びます、普通R-Conは使いません
IP Address BF2CCDを起動しているパソコンのIPを入力してください
Port ポートは4712です、変更してください
Username デフォルトでは「admin」になっています
Password CCD起動の時に設定したパスワードを入力してください
  • 無事にログインできたら、CCDに「admin login」とプロセスされます

おつかれさまでした!サーバーの設定をして実際に動かしてみましょう。
サーバーの設定は次の項目で説明します。

■サーバーの設定(BF2CCの使用方法)
  • 初期の画面(画像はサーバー動作中のものです)
  CCにログインしたら、まずこのような画面になると思います。
  かなり多いですが、順を追って設定していきましょう。
  (夏休みはBF2@上級編で説明しているものは省きます)
  • GeneralSettingとDashBoardの設定項目
No Vehicle チェックすると車両無しになります、基本マップだとダッシュは2倍に
ServerName サーバーの名前を入力しましょう、サーバー検索に表示されます
Rounds Par Level ラウンド数の設定
Welcome Message プレイヤーのロード中、左下に表示されるメッセージ
Profile +、×ボタンで足したり消したりできます
いくつか作って切り替えると楽ですね。
Apply Profile プロファイルを切り替えた時に更新します
Stop BF2 Server サーバーを止めます、アプリを終了しても再起動するので
BF2CC、CCDを止めたい時はサーバーを止めてから
Run/Restart BF2 Server 開始、再起動
PunkBuster 基本的にONにしましょう
Allow NAT 必ずONにしましょう、接続できません
IP Address サーバー機のローカルIPアドレス
GameSpyPort 設定通りなら29900です
R-Con IP 0.0.0.0
R-Con Pass 設定したパスワード
R-Con Port ポート、4711のほう

  サーバー設定を煮詰めるほど面白くなります。
  いろいろ試してみましょう、プレイヤーの感想も反映しましょう。

  • Startする前に出るウィンドウ
  「ランクサーバーのパスワードが入力されていません」と出ますが
  ランクサーバーを建てるにはEA様との契約が必要なので、建てられません
  そのままOKで進みます。
  「設定したプロファイルを保存しないと、サーバーに反映されません」といったこと
  ちゃんと保存してあっても出るみたいです、「はい」で進みます。
  • サーバーロード画面
  設定が終わり、ServerがRun状態になると、DOS窓のようなものが出てロードが始まります。
"norisaba" 設定したサーバーネームが表示されます
AvarageFPS フレームレートです、30以上なら大丈夫
最大は36です、20を切るようならスペック不足です、人数を減らしましょう
IP、Port サーバー機のローカルIPとポートです
Map 現在サーバーでプレイできるマップです
Game mode gqm_cq=コンクエストモード、Coopならgqm_coopと表示されます
16というのはマップサイズ、(NoVehicle)は車両無しの場合表示されます
Mod BF2、Modのサーバーの場合はそのModの名前が表示されます
Players 現在接続しているプレイヤー数/設定した接続限界の人数
Rounds 現在のラウンド/設定したラウンド数
   ロードが開始した時点から、サーバーに接続できます

自分のサーバーでプレイするには「JOIN LOCAL」を選びます
サーバー検索で出てくる項からはログインできない ので注意です。
サーバーで実際にプレイできるかは、自分以外のプレイヤーがいないとチェックできません。
他のプレイヤーに頼んで接続してもらいましょう。

他プレイヤーがログインできれば無事にサーバーは動いています、おつかれさまでした。
もしも接続できない場合は、BF2で出るエラーによって絞り込むことができます。
主にポート設定のトラブルが多いようなので、見直してみてください。
あとは AllowNATがONになっていない等・・・

参考資料
PIX番外編、サーバーの立て方(PIXクラン様)
参考にさせていただきました、ありがとうございます。

サーバー設定ファイルのいじりかた

上級者向けです、 バックアップを取ってからやりましょう
万が一起動できなくなってもBF2ServerCliantを再インストールするだけですが・・・
Zipファイルの中身をいじるので、レスポンスが遅くなります。
大規模な変更をする場合は一度解凍してからいじることをおすすめします。

サーバー設定ファイルは、BF2Server
■手榴弾を減らす
例)携行する手榴弾を2つに減らしたい
ObjectTemplate.ammo.nrOfMags 4
「4」を任意の数字にします。
ほぼ同様の設定で、マガジンの数を増やす、メディパックを増やすなどもできます。

■武器性能を変える


■リスポンする兵器の変更
例)Road to Jalalabadのモスク(MEC拠点)にM1A2を沸かせたい

■司令官の落とす車両を変える
例)車両投下で戦車が落ちてくるようにしたい

■旗の位置を変える




サーバ導入マニュアル(by Volx)



  ↑から Battlefield 2 v1.41 Dedicated Server for Windows をダウンロード。


  ↑から DCCON Server Files をダウンロード。


  ↑から BF2CC GUI Client 1.4.2452 をダウンロード。


  ↑から BF2CC Daemon 1.4,2446 をダウンロード。

 1.Aを解凍して実行。

 2.Bを実行。

 3.Cを解凍し、X:\Program Files\EA Games\Battlefield 2 Server へ移動。

 4.Dを解凍し、内部の modmanager-v1.4 を解凍。さらに内部の admin と mods フォルダを
  X:\Program Files\EA Games\Battlefield 2 Server へ上書きコピー。

 5.D(modmanager-v1.4 移動後)のフォルダを X:\Program Files\EA Games\Battlefield 2 Server へ移動。

 6.D内部の bf2ccd.exe を実行。サーバのローカルアドレスとパスワードを指定。

 7.C内部の BF2CC.exe を実行。
  ローカル内部からの操作ならローカルアドレスを、外部からの操作ならIPアドレスを入れ、
  Username:admin、Password:(6で設定したパスワード)でLogin。

  BF2CCDaemon(4712)BF2 R-con ONLY(4711)各括弧内のポートに変更する。
  BF2CCDaemon と BF2 R-con ONLY の違いは不明。(R-con は操作が限定される?)

 ※以下のポートを空ける。○は必須 △必要 ×可能なら

  ○16567(Server)
  △29900(Gamespy)
  △55123-55125(VC)
  ×4711&4712(BF2CC)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。