リグル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

見た目は、肩まで伸びた茶髪に緑の瞳の14歳くらいの少女。

だが、その実態はロバートが経営する兵器製造・販売する巨大企業『レイント社』が開発した歩行式煙幕型爆弾自動人形…爆弾娘の四女である。

見た目も仕草も表情も触感も思考も完全に人間に近い。心臓の音がしないのが見分けの手段である。

性格は素直ではなく、ツンデレみたいな行動を起こし『ツンデレちゃん』とも呼ばれている。

現在はアリアに買われている。


本来は能力を持たない機械のはずなのに、恋や死への恐怖の感情が引き金となったらしく能力に目覚めるが、他に何か原因があるようで…………

【能力】

アートマン:『ソーン・ヴァルキリア』

全身に茨が纏わりついている甲冑を着た女性のような姿をしたアートマン。

腕の茨を伸ばし鞭として操ったり、両肩の茨からトゲを飛ばすことが出来る。

トゲは刺さった場所から茨を生やし操ることが出来る。