ガルア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本名はガルア・アレクサンドリア。
フィリア協会に所属しており、三聖神の1人である。

オリハルコングローブと協会の加護の力、熱を放出する能力を中心に戦う。
No.9との戦いに勝利した後に左腕を失うが、その後、ルシファーの腕を渡される。
しかし、その後にルシファーの腕を回収するという任務を受けたスピセーレと戦うことになる。
ガルア曰く、スピセーレの言っているルシファーの腕とは違うようだが・・・?

その後、乖離の鉱石を奪おうとしたクラウドと交戦する。ギランとの共闘により
クラウドを倒し、乖離の鉱石を奪還することに成功する。

その後、ラストを相手にダイヤ達と共闘し、なんとかラストを退けるものの、
戦闘の反動と、ルシファーの腕に魔力を吸い取られた結果、死亡してしまう。
その際、持っていた乖離の鉱石をクロノに渡す。
また、スピセーレはルシファーの腕を回収したようだ。


その後、冥界(あの世)の狭間でクロノと共闘する。 
冥界ではクラウドと仲良く?してるようだ