詩織


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 赤木怜司が購入した爆弾娘。10歳ぐらいの見た目で、スーツを着て黒い手袋をはめている。
 赤木のことを「ごしゅじん」と呼ぶ。

 性格は赤木に似たのか何なのか、妙に偉そうだったりする。
 幼いせいか言葉遣いが拙い(全て平仮名)
 正面見ながら走ってても人にぶつかったり迷子になったり、よくドジをし、ドジと言われるのを極度に嫌がるあまり、ドジをした直後に言い訳をし出す。
 赤木に色々余計なことを吹き込まれてるようだ。心理学のことや物の考え方など、まともなことも教えてはいるらしい。
 救急箱を持ち歩いているのか、何時の間にか持っていることがある。怪我した赤木のフォローをするようだ。
 ピーマンが嫌い。
 赤木と同じように、考える際に目線を左上に移す癖のようなものがある。

 赤木のおかげで、自身に『爆発』という明確な死の形が出来上がっていても、そのことで思い悩んではいないようだ。詩織曰く、「人にとっての寿命の代わり」らしい。

二人目の兄とお別れ。最後のときに、頬に口付けをし、再会を約束すると共に、彼にとっての彼女の代わりになろうと決意した。