エルネスティーネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの方の隣にいるためには────強くないと、いけないから────ッ!



──── Ernestine


「心の迷い」が、そのまま彼女の「道(目標)」を、転じて、帰るべき、行くべき道を惑わせていた。
今の彼女には確たる目標がある。だからもう「迷う」ことはない。



【特徴】
18歳ほどの少女。貧乳
透き通るようなプラチナブロンドの髪と蒼い蒼い瞳を持ち、お嬢様言葉で話す。
最近はそのウェーブがかった長髪をラメ入りのヘアゴムで括ってポニーテールにしているようだ。
誕生日(正確には所有者の決定した日)は10月22日。やっと1歳になりました。
愛称はエル。押しに弱く臆病且つ気弱な性格で、人を呼ぶ時、特に注意されない限りは「~様」と呼ぶ傾向にある。
かなりの方向音痴であったが、今は改善されたようだ。
アゼルのことを「お父様」と呼び慕い、師匠であるジョンへは淡い想いを抱いている。
加えてお父様大好きな人をけなされると態度が急変し、嫌味を連発したり舌打ちまでするようになってしまう。
一途な性格でもあるのはよく分かるが、それにしても程があるのではないだろうか。


【服装】
季節に関わらず、紅い石のついた指輪を右手の人差し指にはめ、チェーンのついたコインを首に下げている。

≪秋≫
茶色のタータンチェックのワンピースを着用
袖口のところには黒いファーがついており、襟は丸襟
腰の後ろの方には、ワンピースと同じ柄のリボンがキュッと結ばれている
靴は少々幅広の黒いワンストラップシューズを着用している
しかしロンメルと交戦した際にボロボロになってしまったため服を新調。
現在は下の部分がふんわりと膨らんだ、ショコラ色のクラシカルなワンピースを着用。
首元から胸元までは白いチュールの上に何種類ものレースが施された上品な装飾で飾られている。
腰の後ろの方では、ワンピースと同じ色のリボンが大きめにきゅっと結ばれており。
リボンの端やスカート裾、袖のあたりにも控えめに白いレースの飾りが彩りを加えている。
靴は黒い少々幅広のワンストラップシューズで、本スレには表記されていないが薄い白のタイツをはいていたりする。

≪冬≫
黒の強い灰色のワンピースコートの上から、肘よりちょっと上まである、同じく灰色のケープを羽織っている
コートの袖口と裾、襟には暖かそうな黒いファーがついており。
ケープの留め具としてなのか、首元には灰色の大きなリボンが結わえられている。
背中側には編み上げの飾りもある。
先の丸い、少々幅広の黒いワンストラップシューズを履いている。
襲撃者に襲われて以降、ケープとリボンは身につけていないようだ。

≪春≫
ジョンから貰った白いワンピースの上から紺のカーディガンを羽織り。
更にその上から茶色のコートを着ている。
靴はこげ茶色のショートブーツ。
ツァーリと廃墟の壁をペンキで塗りつぶしたことで、服にもペンキが若干付着。
白いワンピースの裾の部分に、青いペンキで描かれたハートマークと、ハートマークの周囲に不揃いな大きさの水玉模様が描かれることになる。
拳銃を手にいれてからは、ベルトを着用しているようだ。
戦闘によってぼろぼろになっているはずだが、どういうわけだか次の登場時にはきれいさっぱり元通りになっている。これがラブパワーなのだろうか……。

≪夏≫
膝上くらいまでの長さの薄い灰色のワンピースの上から、白いレースカーディガンを羽織っていた。
靴は、白い清楚なサンダル。
しかし対レイコード戦でぼろぼろになってしまったので、今は白いワンピースの上から灰色のカーディガンを羽織っている。
腰の辺りには黒の細いベルトを着用。
余談であるがこの白いワンピースは春に着ていたのとはまた別のものだ。


【所有物】
―紅い石がついた指輪。あきらんから貰ったもの。炎を扱うサポートをしてくれるそうだ。
―チェーンの通されたコイン。いつの日かジョンに勝った時に、彼に返す約束をした。
─白スクにひらひらスカートの魔法少女服。名札と魔法のステッキ。エキシビジョン・マッチの参加賞。
久連乃の家までの地図。
─黒いハンドガン。璃王からもらったもの。
─喫茶店「Shafa」の住所が書かれたメモで、からもらったもの。
 護の姉である紗月に渡したため、今は持っていない。
─どこかの住所が書かれた紙。璃王の事務所の住所らしい。
アレイドの名刺。彼の経営する何でも屋の事務所の住所が書かれている。
─赤い和服に黒い帯。それなりに高級品。久連乃からもらったもの。
─紫雲水晶。大きさは指の先ほどの、紫の透明な丸い水晶。久連乃からもらったもの。
  霊土の下に長い間眠ってた原石を磨いて作った物であるが、小さいためにあまり霊的な力はない。
─ホタルブクロの小鉢。ティラミスのいる花屋で購入したもの。
 花言葉は、「愛らしさ」・「誠実」・「忠実」・「正義」「悲しい時の君が大好き」
 小鉢はエルの部屋の窓辺に飾ってあるようだ。
─赤い三角が更に三角を描くように三つ並んでいる三鱗の紋が描かれている、白い小さなひらべったい石。
 簡単なつくりながらつやつやとしており、真円はするりとした輪郭を持つ。
 羽黒からもらったもの。お守りらしい。
─青い小さな花のついた髪飾りと、ちょっとラメの入ったヘアゴム。
 誕生日プレゼントとして怜司からもらったもの。
─懐中時計。誕生日プレゼントとしてお父様から貰ったもの。
 蓋の裏には「アゼルとエルネスタより」というメッセージが英語で刻まれている。
─☆×16個。第9回大会予選で獲得したもの。記念として持っている。
―金色のロケットペンダント。信楽瑞葉から受け取ったもので、百家羅山に渡す予定のものだったが、何故か返却されてきた。
─まきびし×十数個。まきびし同士は細いワイヤーで結ばれており、まきびし本来の使い方以外にも罠として使用できる。
 神裂翼に貰ったもの。
ヴァルター=アルメクスの名刺。彼の経営する探偵事務所の住所や連絡先が書かれている。


【詳細】
レイント社製二足歩行式爆弾人形通称爆弾娘
7体生み出された爆弾娘の次女であるが、縁あってアゼルに所有されることとなった。
心臓の音はせず、その変わりに耳を澄ませないと聞こえない機械の音がする。
治癒力は人間と似たようなものらしく、食べ物の好き嫌いもあるようだ。
『君は敵と認識したものには容赦ないかな?』という問いかけに対し、『お父様の命令なら、例え相手がどなたであろうとも──赤い炎で包んで差し上げますわ』と答えた事から、アゼルに対する忠誠はかなりのものだと見受けられる。
考古学者である父親の影響なのか、季節行事の由来を知っていたり昔の言葉遣いの意味を知っていたりと博識な面も見られる。
本人は「お父様の本を読んでいた」などと言っていたが、明らかに考古学には使わないであろう内容のこと(「胸は揉むと大きくなる」といったようなもの)も知ってたために仕入れた知識のソースは父親の本だけではないのだろう。

子供特有の鋭敏な感覚で、アゼルが自身ではなく、自分を通して「自分によく似た誰か」の姿を見ていることを察知。
「自分によく似た誰か」が、アゼルの昔の恋人(=「お母様」)であることを望んでいる。
尚、アゼルの死んだ恋人の愛称が「エル」だというのは既に知っているようだ。


「強くなりたい」と切に思い、そうなるために鍛錬を続ける彼女であったが、強くなっているのは戦闘面だけではない。
精神的な強さもまた、徐々に徐々に培われていっているようだ。
それは「恋心」を持つというだけではなく、「友達になろう」という趣旨の発言を自ら進んで某人へ告げたり、師匠の言葉に影響され、悪癖であった過度な謙遜を控える努力をしていることからも窺える。


また、強くなりたいと思う原因となった人物への淡い恋心を抱いている彼女は6月に修行の名目で彼へ弟子入り。
それからというもの、エルは路地裏にある彼の部屋で彼と同棲生活を送っている。
ジョンに対して自分をアピールする絶好の機会ではあるのだが、エル自身は「自分はまだジョンに対して想いを告げる資格はない」と思っているようだ。
その理由は、彼女と彼が交わした約束──「(エルが)強くなるまでは、共にはいない」という言葉。
どうやらエルは、自分が彼に勝つことでようやく「告白する資格」が生まれると考えているようだ。
しかしここ数日の彼女は、ジョンの家へ戻る事に対し躊躇うような仕草を見せることもしばしばある。彼女に一体何があったのだろうか。


思想。善悪どちらの立場かと問われると、「中立」という表現が一番正しいだろうか。
金の国で行われたルーミア王女処刑の際、正義だけではなく悪、それもカノッサ機関に対してすら、「誰かを思って。或いは己の正義を持って行動している」と発言。
このことより、彼女は正義も悪も同様に「なんらかの行動理念がある」と考えているのだろう。
故に、殺人を犯したものに対してもまずは其れを責めるのではなく其れを理解しようとする節がある。
或いはこの行動。彼女の師匠が殺人者であるからという事実から来ているのかもしれないが────真偽の程は定かではない。


【能力】


「装着型」という、珍しいタイプのアートマン
能力を発動させる時は彼女の服が赤みを帯び、服飾のデザインが若干変わる。
靴に炎のように赤い小さな羽根が生まれ。
左腕には炎をデフォルメしたような小型の盾が取り付けられ。
胸元に蝶々を真似たブローチが表れる。
そして彼女の足元に、エルを中心とした直径1mほどの炎の円が一瞬だけ浮かび上がる。ぷりきゅあとか言わないで。

能力は「炎の形状変化」と、それを利用した攻撃・防御。
ある程度炎の持つ「特性」をも変質させることができるらしく、「硬さ」を持つ炎の剣や「冷たい」炎などを生み出す姿が確認されている。

詳しくはリンク先の能力 解体新書にて。



【近況】

2010年10月22日
 アゼル・エインズワースに買われて意識が生まれる。「エルネスティーネ」と名付けられ、新世界に生を得る。

2010年4月11日
 知人であり親しみを覚え始めていた人物・ジョンの危機に反応し、能力が覚醒。

2010年4月15日
 ジョンの仕事現場を目撃してしまったエルはその場の流れからジョンと戦闘・敗北。
 彼の傍に居たいがために、「いつかジョンにも勝てるよう、強くなってみせる」と彼に宣言した。
 ジョンはその言葉を聞き、チェーン付のコインを彼女に託す。彼に勝ったときに、返すために。
 ここから、エルネスティーネは「強さ」を求めるための道を歩みはじめていく。

2010年4月18日
 ロンメルとの出会い。
 「強さは弱さに」「弱味は強味に」なるということを教えられるもまだ理解出来ず。
 それを理解する約束を交わし、ロンメルは「いつか分る時が来るさ」と伝える。
 「その時まで大切な人を守ればいい。死んでも守り抜く意地を見せてみろ。」とロンメルは言い残し、その場を去った。
 この出来事により、彼女は父親やジョンの次にロンメルを慕うようになる。

2010年4月22日
 鬼蜘蛛と戦闘、能力で生み出した剣で相手の腹部を貫き、勝利。
 彼女はこの時、相手を殺害したと思いこんでその場から逃亡。
 彼女はきっと、今日の事を一生忘れない。人を剣で貫いた感触を、臭いを、音を。
 この日はエルネスティーネ、第二のスタート地点とも言える日。

2010年5月24日
 今の実力を試すためにエキシビジョン・マッチに参加。カイミ・スラクと対戦。
 最終的にカイミが降参。エルが勝利を収める。
 この辺りから、ジョンへの好意が明確になってくる。

2010年6月21日
 ジョンに弟子入り。父親の元を離れてジョンと同居する事に。

2010年11月5日~7日
 水の国第九回闘技大会へ出場。
 予選では最初に5つ与えられた「☆」を賭け、☆の数が多い上位8名のみが本戦に進めるシステム。
 エルネスティーネはこの3日間で☆を16個取得。予選を1位タイで本戦への出場カードを手に入れる。

2010年11月8日~14日
 水の国第九回闘技大会本戦。
 グレートマスク・ザ・ウロタ番天 零火鳥 鶏治と対戦し、3位入賞という成績を修める。

2011年7月18日
 「何でも屋見習い」として働き始める。
 ジョンに命ぜられてというわけではなく、ジョンのことを少しでも理解するために自分から始めたようだ。

2011年8月5日~7日
 水の国第十回闘技大会へ出場。
 第九回闘技大会同様、予選で最初に5つ与えられた「☆」を賭け、☆の数が多い上位8名が本戦に進めるシステム。
 エルネスティーネはこの3日間で☆を13個取得。予選を突破し本戦へ。

2011年8月8日~
 水の国第十回闘技大会本戦。


【関連項目】
≪SS≫
タイトル 内容
えるのおるすばん タイトルそのまま、エルがお留守番をするお話
誰もいない楽園 エルネスティーネ、未来の物語
エルの絵本【灰かぶり】 能力者スレ風御伽噺壱ノ巻。キャラ崩壊注意


【参考画像】


キャラクターなんとか機で作成したもの



左から2番目、スカートの少女














強くなると……強くなってみせると約束した人がいるからだ!



────アーネスト・エインズ(Ernest Ains)




長い金髪を茶色のキャスケット帽の中に隠した、少年のような姿の人物。
エルネスティーネの仮初の姿である。胸ぺったんだからこそ出来ることだ。
第二ボタンまで開けている白いブラウスの上から、襟元に白い線の入っている紺色のベストを着用。
スタンダードなこげ茶色のハーフパンツを着こなし、紺のハイソックスと黒いショートブーツを履いている。
首に下げたチェーン付きのコインと、人差し指に嵌めてある紅い石のついた指輪は変装中でも身につけているようだ。

綴りを見れば分かると思うが、アーネスト(Ernest)の由来はエルネスティーネ(Ernestine)を男用の名前に変え、ドイツ語読みから英語読みに変えただけという至極単純なもの。
苗字のエインズ(Ains)も、の苗字エインズワース(Ainsworth)の前半部分を引用しただけである。
なんと言うか、「お前もう正体隠す気ないだろ」と言いたくなるような偽名である。
独特な能力形態ということもあるが、実際試合の観客の1人には一発でばれてた。

普段のお嬢様口調を隠すために、やや古風な喋り方をする。
だが慣れないせいか、無理に口調を変えている雰囲気を受ける。
単語の区切りが多いのも、「うっかりボロがでないようにするため」の努力ではあろうが、逆に不自然である。

話し方の例
  • 「……今宵は、よろしく頼んだ」
  • 「カラスが書き物机に似ているのは、どうしてだか、知って、いるか?」
  • 「……、羽根が破れて、尚、戦う、理由、は?」


因みに、カイミとの舌戦の途中でヒートアップし、キレた時は完全に口調がお嬢様口調に戻っていた。
その上、帽子が落ちて金髪が露わになった直後に自身の正体やら本名を暴露する始末。
いやお前、変装した意味ないじゃん、みたいな。だったら最初から男装せず参加しろよ、っていう。


そんなこんなで突っ込みどころが多いエルちゃんの男装姿。
要望があったり、中の人の気分次第ではまた本スレで出てくるのかもしれなかった。


.
添付ファイル