猫治郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ニャハ、せっしゃはさすらいの猫侍、猫治郎!」




名前…猫治郎(ねこじろう)

容姿
大きな猫耳が生えたベージュ色の鳥の巣のようなもっさもさの髪、金と銀のオッドアイ、和やかそうな顔をしており、首には茶色い首輪を付けて、服は琥珀色の着物、背中に身の丈程の長さを持つ鍔が歯車のような形をした碧い刀の鞘を携えている少年。

口癖…「ニャ」や「ニャハ」等を最初に付け、語尾には「ニャ」、「ニャア」等が付く

性格…素直でとても和やか。一人称は「せっしゃ」、二人称は「おぬし」。心優しく、食べた魚の骨を地面に埋める等「食べ物に対する感謝」を大事な事としている。趣味は釣り。

好物…抹茶、魚、鰹節

年齢…15歳
性別…男

能力…「(現在は名称不明)」
未だにその全様は明かされてはいないが、壁を垂直に駆け上がったり、どんな攻撃を受けても立ち続ける(ただしダメージは普通に食らっていた)等、どうやら立つ・走るということに関係のある能力のようである。

武器…「名刀カギシッポ」
膨大な魔力が蓄えられた猫治郎の身の丈程もある刀。鍔は歯車のようになっており、刀身は瑠璃色に輝く光を纏っている。思い切り振るうと魔力の斬撃を飛ばす事が可能。長く使う事で持ち主と共に強くなる。さらに隠された力を発揮する方法があるようだが…?

ザン=ザ=ソードマンの太刀と共通点があるが、何か関係があるのかは現在のところは不明。


思想
「食べないのに殺すのは許せないのニャ」
「カニバリズムを批判する気はないけど。ちゃんと供養してるニャ?供養してるならせっしゃは何にも言わないニャ。」

情報
  • コンタクトレンズを着用
  • 猫三分の一、人間三分の二
  • 両親も猫人間だったらしい