柳 西鳳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「二度、退く事は許されない・・・いや、ワタシが許さない

戦場以外は違う。全て退屈な偽物ばかり」


ステータス(MIN0~(力~魔防MAX30、HPMAX60、LVMAX20、体格MAX20)、武器レベルE~S)
LV HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 体格 武器LV
15 44 18 7 22 23 13 15 12 7 長柄B
装備
名称 威力 命中 必殺 射程 重さ 特攻 弾数 特性
丈鉄棒 7 80% 0% 1 7 - - 打撃
特殊技能
-

―――<リウ・シーフェン>

両把頭の赤髪緑眼、虎の刺繍のチャイナドレスに身を包んだ女。
異世界から突然この世界に飛ばされ、その数日後に≪ネル・ナハト≫に加入した。
基本的には誰とでも軽い口調で話すが、普通に話そうと思えば出来るようだ。

戦争によって何かを求めるのではなく、戦争そのものを目的とする戦闘狂。
戦争とは実際の武働きのみに有らずと知っているのか、何かを測るような発言をする事も多い。

ラギデュース=キャニドップとの戦闘で、右腕を上腕部の中程まで失う。
そして、貴宝院 織守との戦闘で死亡する。


誰にもそう呼ばれた事は無いが、己を≪ネル・ナハト≫の急先鋒、そして殿軍と位置付けていた。
撤退の命令にも従わず、己を顧みろとの命令にも従わず、身を削ってでも勝利を奪い取りに向かった。
突き動かす物は誇りか、愉悦か、或いはどちらでも無かったのか。『戦奏樂団』の誰よりも早い戦死だった。


―――能力、ならびに戦闘方法

約八尺の金属の棒「丈鉄棒」と蹴り、そして、アートマン能力≪天星王虎≫で戦う。
自分から仕掛けることも有れば、逃げながら相手を罠にかける事も有り、どの場面でもそれなりには対応する。
数発の打撃を金属棒に固定しての一撃は、通常の打撃とは比にならない威力を誇る。


―――≪天星王虎≫「ティアン・シン・ワン・フー」

右前脚が無い大きな虎の姿をしたアートマン。西鳳を背に乗せ、巨体の生む力と敏捷性で敵を追う。

[パワー]5
[スピード]5
[正確性]2

[リンク]無し

[ダメージ]アートマン=本体

[能力]打撃を空間または物体に固定する。固定した物を移しかえる事も可能


―――≪天星王虎五射十死≫

天星王虎の奥義的な位置づけとなる技。
単純に、武器としている丈鉄棒に、複数発の打撃を固定し叩き込むだけである。
単純であるが故に、物理破壊力は大きい。
単純であるが故に、強い。そういう技だ。


―――戦闘

語るべき戦闘は一つ。貴宝院 織守、識槻 朔夜両名との戦闘。
華秋 太白と組んでの戦闘、体術とアートマン能力を用い、序盤は朔夜相手に有利に戦う。
だが、華秋が撃破されるのとほぼ時を同じくして、織守の術の猛攻の前に、取ることのできる手段を失う。
知恵が出なければ力、正面から叩き潰せば良いとの判断をするが、之が早計。
撤退命令すらも無視し、正面から突撃するが

戦場で冷静さを欠けば、待つのは敗北。そして、死。
織守の攻撃を察知する事が出来ず、反対に叩き潰される事になる。

呼吸すらも止めて最期の一撃を狙うも、やはり見抜かれ、止めを刺される。
稚拙な戦術を積み重ねた結果と言えばそれまでの、悪党にふさわしい死に方と言えるだろうか。












【ひゅっ、と息を吸い込む音】

【生存を悟られぬように息を止め、痛みに耐えて全ての動きを消し】
【攻撃を放つ前に己の額に「固定」した左拳の一撃、せめて一矢報いんと狙って居た】
【急先鋒、殿軍、その任を己に架した。己の誇り以外に得られる物など無かったが】
【戦場こそが遊び場、学び舎。宿は陣幕。そのような生き方に、それ以外の物は必要無かった】
【届かなかった】
【左手が硬く握られ、地面に触れた顔を涙が数滴伝い】

・・・・・・・・・・・・無念

【小さく呟く】
【執念と意地を込めた最期の一打は、遂に放たれる事は無く】
【もう一度、骨の砕ける音がする】


【一度の大きな痙攣、握りしめていた拳が緩やかに開かれ】
【そして、今度こそ。二度と、動く事は無くなった】















「あいやー、暇な人がいたネー。態々見に来ても何も無いのに。あ、長さ八尺なのに「丈鉄棒」なのは理由が一応有るヨ。
本スレで出せなかったからこっちにこっそり書くけど、中国の後漢での一尺は23cmだったとかなんとか。
一丈=230cm、つまり今の八尺より少し短い位。大袈裟?白髪三千丈ヨ」