久部 勲夫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まさか、知る前に死ぬわけにはいかない」



久部勲夫(くべ いさお)。20代の青年。
首が隠れる長さの黒髪。瞳も黒。
黒と灰色の横ボーダーのセーターと、ジーンズを着ている。
ジュラルミンケースを二つ所持。
一方には11個のルービックキューブが、もう一方には無数のサイコロが敷き詰められている。


なぜ自分に能力が発現したのかを知るために旅をしており、新世界にたどりついた。
異世界からやってきた来訪者である。
物腰穏やかで、丁寧な口調だが、わりとおっちょこちょいな面もある。
好奇心が非常に強く、興味が惹かれたら、即、首を突っ込んでしまう。
ただし、後先考えないで行動するため、ひどい目にあうこともしばしば。



【能力】


  キューブ・コントロール
 立方体の支配者――立方体を操る能力

1.立方体を意のままに操る。弾丸のように飛ばす。浮遊させる。敷き詰めて壁を作る、等。 
2.立方体を作り出す。土や砂や水などを、触ることで、立方体の形に整える。
  ただし、空気や炎など、質量の無いものを立方体化することはできない。
3.立方体の硬度を変化させる。鉄のように固くすることも、ゴムのように柔らかくすることもできる。
  発動条件は、立方体に自分の体液を付着させること。



【近況】


第七大会に出場するも見事に三戦三敗し、予選敗退。
しかし、大会がきっかけで知り合いが増え、律儀に観戦にも赴いた。

街中にて、機関No.100 颯 音羽と交戦。
フィレス・アルハイドとともに撃退を図るが、
その時、『哲学者の卵』を装填した銃弾を腹部にくらう……。

街中のオープンカフェにて、シェン・ロンドから“卵”の情報を聞き、
連絡先の書かれた名刺をもらいうける。

水の国の鉱山地帯で機関No.25と交戦。
そこへ、機関所属部隊リーダー――アベル・アベレームも加わる。
圧倒的不利を感じ、その時、“卵”がうずきはじめる。
戦闘中、No.25の挑発により、卵は孵化。
新たな能力と人格が目覚めた。


しばらくの期間、久部勲夫は、肉体の主導権のすべてを純黒に譲っていた。
そして自身は、極度の劣等感と自己嫌悪を抱え、心の奥深くで世界を拒絶していた。


しかし、路地裏でゲーティアと純黒が戦闘していた時、勲夫の意識は、再び浮上する。
純黒とともに闘い、ゲーティアの撃退に成功。
が、累積したダメージにより、路地裏に倒れ伏す。

ゲーティアが捕えていた子供が、帰る姿を見届け、純黒としばし談笑。
そして――、



「僕は、貴方に会うために、ここに来たのかもしれない」




最期の言葉を 『純黒』 に告げて、





                       眼を閉じ、


                               永眠した。



.