自傷少女の放課後風景


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

午後四時四十二分。
人々が笑いながら道を行き交い、店員は声を張り上げて接客している街。
五月蝿いけれども、明るい雰囲気の街。
の、路地裏。

「姉ちゃん・・・俺はただ純粋に、デートをしようと思ってるだけだぜ?」
「そんなに怯えるなよ、ガハハハ!!」
「ひ・・・っ」
げひた笑みを浮かべる、数人のDQN(または不良)が、学生服の少女を取り囲んでいる。
不良たちはゲラゲラと笑いながら、路地裏の壁まで少女を追い詰めていた。
彼女はただひたすら怯え、今にも泣き出しそうである。
速く言えば、少女はタチの悪いナンパをされていた。
少女の容姿は・・・艶のある黒髪をショートにして、大きな団栗眼を涙で揺らしている。
白いセーラー服も相まって、さっぱりとした、清涼感のある雰囲気の少女だった。
一方不良たちは・・・モヒカンにしてるヤツやら、黒の混じった金髪をしてるヤツなど・・・まあ、まともなのがいないのは確かだ。
「なあ、行こうぜ」
ダミ声を無駄に響かせながら、少女に手を出そうとする不良。
「い、嫌です!」
少女はその手を払い除け、無理矢理にでも不良たちを突破しようとするが。
「おっと!」
不良はその身体を受け止め、更には俵担ぎで少女を持ち上げた。

「よっしゃ、このまま俺の家にでも行こうぜ」
不良が発する冗談に、どっと笑う悪童たち。
対して、少女はサーっと顔を青くする。
「・・・・・っ」
この世には、神も仏も居ないのか。
少女が絶望感に打ちひしがれた、その時。

「ま、・・・・・・待ってください・・・・・」
か細い、女の子の声が聞こえた。

不良たちが、少女が、声のした方向を向く。
居所は、不良たちの背後。
そこには―――三つ編みの少女が立っていた。
栗色の三つ編みが、彼女の垂れ目に良く似合っている。
そして何より―――不良に絡まれている少女と、同じ制服。
「何だ、てめぇ」
不良の一人が因縁をつける。
すると、三つ編みは懇願するように。
「・・・その子を・・・お願いです、その子を離してください」
その言葉に、不良の一人がぎゃははと笑う。
「『してください』って・・・する訳ねえだろ!どうせならもっと強く言えよ!」
それに同調するかのように、周りもぎゃはぎゃはと笑い出した。
まるで、カエルの輪唱である。
不快な笑いが、街の片隅で響いた。

しかし。
その合唱は、いつまでも続かなかった。


ざくり。

肉が切れる音がした。

「・・・・え?」
不良の一人が笑うのを止め、呆然と腕を見つめる。
その様子に気づいた別の不良が、そいつに声をかけた。
「どうしたケンヂ?何が・・・」
「お、おれの・・・」
ケンヂと呼ばれた不良は、ぶるぶると震えながら答えた。

「俺の腕から・・・・血が・・・」

「はあ?」
声をかけた不良が、訝しげにケンヂの腕を見る。
すると、彼の腕には。
小さな傷が一本の線を書いて、血を滴らせていた。
あまりにも彼が蒼白とした表情だった為、不良が拍子抜けする。
「なんだよ、何かで切っただけじゃねえか?」
と、からかおうとした時。

傷の線が、更に伸びた。

「・・・・え?」
不良が驚くと、彼が「うわあああっ!」と悲鳴を上げた。
そして、叫んだのである。

「どんどん・・・どんどん広がっていくんだよ、傷が!!」

次の瞬間。
「うおっ・・・!何だコイツ!!」
別の不良から、悲鳴が上がった。
ケンヂに声をかけた不良が、嫌な予感を抱えながら聞く。
「ど、どうした!?」

「この垂れ目女・・・っ!自分で自分の腕を切ったぜ!!」

不良が彼女を見ると。
三つ編みの彼女が―――ナイフを、自分の腕に突き立てていた。
(まさかこいつ・・・!自分の傷を・・・!)
不良が冷や汗を垂らす。
そして、彼の推測は当たった。

「私の能力は、相手と傷を共有します」
彼女がさっきのおどおどした態度から一変、凛々しい表情になり。
「その子を話さなければ、私と一緒に死んでもらいますよ!」
そう叫び、自らの喉に刃を向けた。
「こいつ、やべえ・・・」
一人が怯えながら呟いた言葉に、一斉に周りも賛同する。
そして、少女の身を解放すると、どこかへ飛んで行ってしまった。

「・・・・大丈夫ですか?ウヅキさん」
逃げる不良たちを見つめながら、三つ編みの少女が声をかけた。
「私は平気だけど・・・トモエちゃん、血が・・・」
ウヅキと呼ばれた少女が、トモエの身を案ずる。
トモエの腕から、だくだくと血液が流れ出していた。
よく見ると、彼女の腕に無数の傷跡が走っている。
新しいものから、古いものまで。
「私は平気ですよ」
彼女は笑って答えたが、声が震えている、目に涙を浮かべている。
痛みを堪えているのだ。
ウヅキに心配させない、それだけの為だけに。
「・・・・ありがとう、トモエちゃん」
ウヅキが深々とお辞儀をすると、トモエは困ったように笑った。