ヴァレンティーノ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:ヴァレンティーノ
性別:男
年齢:34
容姿:190を越える背丈に神父らしく、僧衣を着ている。ちゃんと十字架も首から提げている
   細身ではあるが鍛えてあるよようで人並み以上の筋肉を持っている
性格

温厚で、優しそうな笑みを常に浮かべているがそれは顔だけで、結構冷徹な考えの持ち主
しかし神父をやっている手前、基本的には良い人を演じている
だが、例え目の前で犯罪が起きようとも『止める必要は無い』などと考えたりする事から見た目だけ神父

設定

所属していた教会を止め、現在は各地を転々としている
神父をやっているのは両親が信者であり、二人とも修道士だったから
神と言う存在を嫌っており、その理由は『不幸な者たちを幸いへ導かないから』とのこと
当人は子供っぽいと自覚しているが当然の帰着だと考えており、その考えに到っていない同業者(?)たちの事は嫌ってる


能力:アートマン -冷徹なる魔女-
攻撃力-3 スピード-2 正確性-3 ダメージ-共有 リンク-有り

ヴァレンティーノが悪霊、と称する存在。
彼自身、アートマンという存在を知らないため、悪霊と呼んでいるがアートマンである事には変わりは無い
見た目は魔女と呼ぶに相応しい、典型的な魔女らしい格好だが、全身白く、顔はなくまるで仮面のように見える
身体は丸みを帯びており、ガラスで出来た人形のように思わせる。背丈はヴァレンティーノとほぼ同じ

冷徹なる魔女そのものに自律意思があるようで、発現している間は口喧しく喋る
ただし喋るだけで、攻撃の指示などはヴァレンティーノが思うとおりに動く

戦闘スタイル
魔力を込める事で刀身を作り出す、柄だけの投擲用の剣やいわゆる初級魔術を使い戦う
その身体能力は一般人とは思えないほど高い

アイテム

刀身の無い剣
放浪中に出会った魔術に関連する道具を作る職人から作ってもらった、刀身の無い柄だけの剣
それまで基本的に素手や拾ったナイフなどで戦闘していたが、職人に出会った事で作ってもらった
本数は全部で10本で、使用した後は回収している。
一応、職人に作り方を教えてもらっているが、作ったとしても使い捨ての劣化版になる

十字架
信者である証とも言えるもの
だがヴァレンティーノからしてみれば、捨てたくても捨てられない存在
心のどこかで拠り所にしているのか、無意識にコレを弄る癖がある