石動ひだり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人参は要りませんっ!



【やや撥ね気味の、肩まで伸びた雪原の様な白髪に菊の髪飾り】
【白のフリルや藍色のリボンが着いた、まるでワンピースの様な空色の着物】
【赤い下駄を履いた、烏羽の様な漆黒の瞳を持つ、五歳ほどの幼女】
【何故か、うさ耳が生えている】

【設定】

外見5歳、実年齢47歳という謎の若さの持ち主。
呪術師。石動らぶみの実母であり、彼女に呪いをかけた張本人。
追風さんの妻。

白い肌に白髪なので、死人の様な、不気味な雰囲気を漂わせて…いたが、うさ耳が生えた為、あんまり不気味じゃない^p^
あ、声は出る様になったらしいです、はい。

呪術を生業としていて、主に呪いをかけたり解いたり等。
呪いには『代償』が必要らしく、己の骨身を代償とする事もある。

【経歴】

呪術でシャロームの体質を治癒しようと試みたが失敗。
幾分かは軽度の症状にする事が出来たが、完全に治す事は出来なかった。
己の両目を代償とし、一時期盲目になったがドクターYの厚意によって完全復活。
闇夜の魔眼を受け取った(効果は後述参照)。

【戦闘】

闇夜の魔眼は相手の視界を2レスだけ暗闇にする能力。
発動条件があり、
1相手の名前を聞く。但し慣れ親しんだあだ名や偽名ならばOK。その場で考えた偽名なら効果はない。
2相手に自分の目と視線をあわせる。

彼女自身は発火能力者である。
適当にボーッと燃えて戦ったりする。
最近、弾丸の代わりに釘を撃つ拳銃を手に入れた様だ。

【もらったもの】

  • 金剛符 金剛神の力が込められた符。自分の腕力、耐久力を僅かだが高めてくれる。

【以前の姿】

現在の姿は、怪我の治療等で自分の容姿の様々な箇所を代償とした結果である。
尚、容姿は今後変わり続ける可能性が高い。
ちなみに以前の姿の描写。

【やや撥ね気味の、肩まで伸びたピンク髪】
【紫のローブに、革の編み上げブーツを履いた女性】

【近況】

スタジオ『不死鳥座』の金の国襲撃に、防衛として参加。
共闘していたダリアが倒れた瞬間、彼女からどす黒い魔力が噴出し、一時的に元の姿に戻ったようだ。
其れを切欠に、再び声が出る様になったが、瞳が漆黒に染まってしまった。
最早誰てめ状態。

【日記】

コメント: