キング主武装【武装】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラ別武装一覧①


キング
  • 二丁拳銃
キングが新世界に来た当初から所持している基本装備。
コルト・ガバメントとべレッタM29Fの組み合わせ。
ともにキングによって魔改造とも呼べる異常なカスタムを施されており、ガバメントに至っては形状からそれだと判断がつくまでに時間がかかるほどの改造っぷり。
戦闘ではキングの右腕となり活躍し、長年に渡ってキングを支えてきた相棒。
キング自身も愛着を持っており、毎日の手入れは欠かさない。
基本的にはベルトの両腰側に装着されたホルダーに仕舞われていて、危険を察知した時にすぐ抜けるようにしてある。

しかし、初代大会でのファッドとの戦闘で、相棒の片割れであるコルトガバメントが相手に奪われ
あろうことかパンツの中に入れられてしまい、男への嫌悪感からと屈辱から、戦闘後に返してもらうが余りの不幸ぶりに「相棒として」止めを刺してやった(べレッタM92Fで粉々に撃ち砕いた)。
パーツは持ち帰ったらしいが今でも封印してある。
その後亡き親友=ソンの所持していたCz75のカスタム品をセンから受け取り
その遺志をついでべレッタと共に新たな二丁拳銃とし、初陣でNを撃ち破った。
更には自分を殺そうとしたが最終的に和解したカレンから愛用のUSP.45カスタムを受け取り、
それとCz75の組み合わせを現在は二丁拳銃とし、使用している。

精霊の力の応用として、各精霊の力を弾丸に纏わせ打ち出すことが可能。
「フルバースト・サンダー」:雷の精霊アラストールの力を込めた電撃を纏う弾丸を放つ。
「フルバースト・フレイム」:炎の精霊イフリートの力を込めた爆炎を纏う弾丸を放つ。
「フルバースト・ウィンド」:風の精霊シルフィードの力を込めた疾風を纏う弾丸を放つ。
「フルバースト・フロスト」:氷の精霊フェンリルの力を込めた冷気を纏う弾丸を放つ。
「エンペラー・フルバースト」:自身の魔力を込めた黄金の弾丸を放つ。

これらの二丁拳銃を利用した技は、魔人化をしている最中に二丁拳銃を使用することでも放てる。


  • M1887 ウィンチェスター製ショットガン
ターミネーター2のシュワちゃんが持っていたことで有名なショットガン。
レバーアクション式なので連発が可能な上、ポンプアクションよりも動作が少ないため遥かに素早い射撃が可能。
それにキングの熟練の技術が加わることで、一瞬にして敵を圧倒する弾幕を張り巡らせる事が出来る。
古い型だが、キングはこれを愛用しており、二丁拳銃の次に使用頻度が高い。
彼が搭乗するハーレーのマフラーの間に銃身を差し込んである場合が多く
基本的には身につけて持ち歩かない。
彼もT-800同様、バイクに乗りながらローリングアクション(あのクルッとまわして片手でレバーをリロードするやつ)を得意としており
二丁拳銃と同じように曲芸的なガンアクションをこなす。
レバー部分を器用に振り回すことで、銃自体に身体の周りを回転させ、全方位に同時射撃をしたりと派手な動作が目立つ。
散弾・スラッグ・鎮圧用ゴム弾・特殊弾など様々な弾丸を状況別に使い分けられるのも特徴の一つだ。

このショットガンでも各精霊の力を応用した技が放てて、その場合は名前が
「バーストショット・ライトニング」(雷)
「バーストショット・インフェルノ」(炎)
「バーストショット・ストーム」(風)
「バーストショット・ブリザード」(氷)
「エンペラー・バーストショット」(もしくはバーストショットエンペラー)
に各種変更される。

  • M79グレネードランチャー
キングが切り札としている武装。
通常の銃器とは違い、弾丸ではなくカート式の炸裂弾=グレネードを投擲できる兵器。
破壊力は高く、Cz75やM1887 を凌ぐ攻撃力を秘めている。
その代わりにリロードの時間がかかることと、構造上一発撃ち終わるごとにカートを入れなければいけないことがネック。
しかしキングはこれを二丁拳銃やショットガンと併用・組み合わせることで隙を少なくしている。
ショットガンの散弾以上の攻撃範囲と破壊力は、危機に陥ったキングを一発逆転させてきた。
他の銃器と同じように魔力を込めて打ち出すことも可能だが、そこまでせずとも
十分な破壊力を持っているので、基本的には使用しないが
タッグ大会の対ギラン戦において、最後の一撃に自身の魔力とこのM79の炸裂弾を合わせ
た「インペリアル・ストライク」を使用した。
その超絶的な破壊力は撃った自分にも反動が出るほどだ。

  • カスタムハーレー「ビッグボーイ」
キングが搭乗する魔改造ハーレー。
キング自身がバイク好きな事も相まって、実用性よりもデザインで選んだために
ハーレーダビットソンの「ファットボーイ」を原型にしてある。
しかしただ恰好が良いだけではキングの愛機が務まるはずもなく、中身はほとんど別物と言えるほどに改造されている。
ハンドル・エンジン・タイヤ・シートに至るまで全てが魔界製。
特にガルボに特注してもらった魔具搭載のエンジンは通常の10倍近い馬力を誇り
滅茶苦茶な地形での走行も可能にしている。
その後大金をはたいて改造してもらったハーレーがレイブンのガトリングガンによってハチの巣にされてしまったため
鵺に依頼して修復&追加改造してもらった。
その結果、対物用の50口径弾丸を使用するM2ブローニング50BMGを前輪脇に二門、そして40mmグレネードを発射するグレネードランチャーをライト部分に一つ、新たに搭載した
スーパーマシンと呼ぶしかないような怪物が完成した。
無論魔具搭載エンジンも改良されており、キングの荒い運転にも耐える仕様となっている。
尚「ビッグボーイ」はキングがつけた名前。


  • 魔剣ギルレウス
かつて魔界の帝王サタンに反旗を翻し、人間のために戦った正義の大悪魔
魔剣帝ギルレウスが使用していた魔剣。
自身の名を冠したこの魔剣は最強と言える魔力量と切れ味を誇り
通常の人間では到底扱えないような重量と大きさを誇る。
ギルレウスがこの世を去った時にキングに授けた剣で、「これで地上を守ってくれ」と彼がキングへと託した「意思」でもある。
キングは武器と呼べるものの大半の扱いに長けてはいるが、好んで使うのは銃器だけであったため、初めはこの魔剣を扱えるのか少し心配したがタッグ大会ギラン戦で初の使用、見事な剣さばきを披露。
最後は「魔神化」を使用しギルレウスの真価を引き出して、ギランの必殺技である「ニュークリアストライク」を一撃にして相殺、満身創痍ながらも生き残った。
それ以後、キングは二丁拳銃と魔剣の二つを組み合わせた独自のスタイルで戦っていくことになる。