「伽藍」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

師、曰く。汝、殺める可からず。
人を斬る事は、己が魂を裂くと知れ。

――――識槻 望月




男は、走っていた。
――決着は、櫻が辻でと決めている。幸か不幸か月は無いが、星明かりと宵闇の中で死合うもまた、一興、と

男は、忘我の境地に至っていた。
――其れ程迄に、焦がれていた。直に、鬼が来る。俺を斬ろうと、疾く駆けて来る。
あれを斬る事が適えば、俺は求めた場所へ至れる、と


人通りの失せた辻の真ん中で、踏み止まる。ぞわり、首筋に寒気が走る

男は、振り返る。鬼はまだ幼さの残る、娘であった。
手には大太刀。腰まで伸びた濃い藍の髪。その双眸は鋭く細まり、奥の瞳は漆黒で――僅かに、冷たい蒼の輝きを帯びている


ほう、と感嘆の息を漏らし。刀を抜き放ち、正眼に構えた――――刹那。澄んだ音と共に、柄を握った手に灼熱の痺れが迸った。


再び振り返る。背後には、刀を手に佇む鬼の小さな背。
男は、鬼がおおよそ六間も有ろうかと云う間合いを一息に詰め、擦れ違い様の一太刀を浴びせたのだと悟る。

やはり、生かして置いては為らぬ。これは俺が斬らねば為らぬ。


男は痺れを振り払い、真一文字に刀を薙いだ。首を落とす心算であった。


ばさり。髪が斬られて落ちる。だのに、その首は一向に落ちる気配を見せぬ。
動いたか――いいや、微塵とて動かない。鬼はただ、岩の如く佇んでいる。


もしや、と。男は、自らの構えを省みる――――崩れていた。いや、崩れ切っていた。
其ればかりか、男は知らぬ間に半歩程退いていた。

四方や、気圧されたか。鬼とは言えど小娘に、この俺が――

そう思った刹那、振り向き様に次の太刀が振るわれた。
男、これを躱して切り込む。呆気無く防がれる。然らば、と鍔競り合いに持ち込むと。


左腕が、ぼとりと落ちた。次いで、刀が真っ二つに折れる――いや、斬り断たれる。

天下一の、名刀と云う触れ込みであったが――そんな事を考えていると、いつの間にやら櫻が辻には、淡い夜霧が立ち込める。

更に、右腕。右脚が転がって間も無く、心の臓には墓標を思わす小刀が突き立った。


左の膝から先の感覚が失せたのと、首筋を冷たい物が通り抜けたのはほぼ同時。

何処か遠くで、刃擦れと鯉口の鳴る音が聞こえて――それきり、男は目を醒ます事は無かったと云う。





そして。
鬼の――否。娘の眼から、灯が消える。

夜霧が集まり固まって、臓腑が吐き出されるかの如く、ぼとりぼとりと地に落ちる。
曰く。硝子とは、極めて緩やかに流動する、液体だと云う。

透明な其れは研ぎ澄ませば極めて鋭く、硬く――また、脆い。


かくして、一人の少女の路は終わり。人斬りの鬼の、殺意の蒼の、硝子細工の伽藍の洞の路は――始まりを、告げた。


『了』