ステップ7 自分から絡んでみよう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ん、キャラを何度投下しても、なかなか絡まれないって?
そうだねぇ、時間帯とか、タイミングとか、時の運とか、いろいろあるけど、
そんなときは、てっとり早く、自分から絡みに行く側にまわってしまおうか。
待ってる時間も勿体ないしね。


とはいえ、絡みに行くのって、勇気がいるんだよね。
新規の人の場合、周りは知らない人だらけだから、特にそう感じると思う。


初めて本スレに来てロールを眺めると、みんなは、なんとなく疎外感を覚えるんじゃないかな?
自分の知らない大勢の人たちが、楽しそうに会話している場を、眺めるわけだから。

しかも、それぞれのロールには、名前もコテハンもついていない。
お互いが、名前を呼び合ったり、外見の描写を逐一書かれることも稀。
ぱっと見、本スレって、「顔の見えない人たちの対話が飛び交っている」ような状態なんだよね。

そんな中に、自分から混ざっていくのって、確かに抵抗を感じると思う。
でも、 絡む相手がいなきゃ、ロールは始まらない のも、また事実。
まずは、恐れず一歩踏み出してみよう。


もしも、「どんな人か分からないのに、絡むなんて無理」って感じてる人には、
とっておきのwiki活用法を教えてあげよう。

まず、絡みたい相手の投下文を見つけたとする。
そして、 「相手の容姿の一部を、wiki内検索して、相手のプロフィールを特定する」 んだ。
「髪の色や眼の色」よりも、「服装や持ち物」の方が、相手を特定しやすいよ。
検索した中で、もっとも投下文に一致しているであろうプロフィールページがあれば、それが相手の情報だ。
キャラのページが作られてない場合もあるだろうけど、大抵これで相手のキャラを把握できると思うよ。

ただし、必ず注意してほしいのは、 「自分自身と、自分のキャラが得る情報はまったく別」 として考えてほしい。
自分――キャラを使っている人、通称「中の人」――自身は、wikiを見て相手のことを知っていたとしても、
自キャラ自身は、その相手とは本スレで出会わない限り、繋がりは無い。

初対面の人に、いきなり「あんた○○さんだよな?」、なんて名指しで呼ばれたらびっくりするよね。
しかも、相手に明かしてないはずの能力とか、過去のことについて喋られたら、びっくりどころじゃないよね。

だから、絡む前にwikiで得た情報は、慎重に扱ってね。
思わず、キャラの口を滑らせないように、特に注意しよう。
初対面ならば、「相手をまったく知らない」状態でロールすることを気をつければ、大丈夫だよ。



でも、絡み方自体に関しては、特にアドバイスは無いんだよね。
自分の思いつくままの、シチュエーションで絡みにいけばいい。


ただ、絡みに行く時に気をつけたらいい事をいくつか教えておくよ。


相手の投下から、30分以上経っていたら、相手がまだスレにいるかどうか、確かめた方がいい。
「/まだいますかー?」っていう書き込みをして、相手から返事があったら、ロールを開始しよう。

30分以内なら、「/まだいますか?」、「/絡んでもいいですか?」などは聞く必要はないよ。
むしろ、深夜でも無ければやらないのがマナーだ。それを聞く行為が、予約の意味を果たすことになるから。
同じ投下に対して絡みたいと思っている他の人を、おしのけることになりかねないんだ。


それから、絡みに行った際、自分の他にも、同じ相手に絡みに行った人がいることがある。
この場合、 「複数絡み」 っていう状態になるんだ。

「複数絡み」は、二人以上の人間がロールをする状況のことだ。
一対一じゃない分、その絡みは、対話・戦闘関係なく、複雑化することが予想される。
初心者というより、複数をこなす自信がない内は、なるべく避けた方がいいね。
ただ、どうしても絡みたい相手だっていう時は、複数絡みをしてもいいか、尋ねてみるのもいいかもしれない。
なんにせよ、「複数絡み」になった時の対処法を伝授しよう。

「複数絡み」になった場合、 後から絡んだ人が、退く という風習があるよ。
もし、複数絡みを希望する場合は、自分から他の人に、「/複数絡みになってもいいですか?」と一声かけよう。
他の人から持ちかけられたら、素直に返答してあげようね。



最後に、 「固定化」 という現象について一言二言。

固定化とは、 「特定のキャラとばかり絡む傾向が多い」 ことを言うよ。
人によって程度は違うかもしれないけど、
「あの人、よくあのキャラと一緒にいるなー」って思ったら固定化かもしれない。

見知ったキャラと絡むことは、楽しいだろうし、設定も引き出しやすいから、たくさんやりたいと思う。
でも、固定化は、 絡む人間の層が狭まって、交流が限定される 状態が引き起こされるんだ。
だから、このスレでは、推奨されていない状況なんだよ。

固定化を防ぐ方法は、とても簡単。
「自分の知らないキャラに、積極的に絡みに行くこと」
キャラの見聞を広めさせるつもりで、いろんなキャラに絡みに行こうね。


←ステップ6へ         ガイダンスのページへ         ステップ8へ→



.