宇佐緑 良心


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『例えクスリで手に入れた借り物の力だろうがァッ!!俺はもう逃げやしねぇッ………!!変身!!トラゴエディィィッ!!!!』


【名前】宇佐緑 良心(うさみ りょうしん)

【容姿】寝癖が付いたままの頭の上で小さく結わえたメタリックブルーの髪、白地に青ストライプのサンバイザー、モノトーンのゴーグルを掛けた童顔女顔・前歯が一本歯抜けで、紫の薄っぺらいマフラー、緑地に人参のアップリケが貼付けられたパーカーと、焦げ茶色のキュロットパンツという服装の少年。

魔力を帯びた緑色の宝石が埋め込まれたネックレスをかけており、エストックを右手で右肩に担いでいる。

【人物像】異世界「地球」からの来訪者で、普通の学生。自分の部屋で漫画を読んでいたら突然空間に穴が空き、新世界にやって来た。

普通の世界から来たという事もあり、とにかくビビリ・チキン・臆病者。「ヒイィィィ!!」「うひぃぃぃ!!!」「ギャアアアア!!!」「ぎにゃーー!!」等叫び声は豊富。ちなみにビビると敬語になる。

こう見えてキレると回りが見えない。でも相手が悪人でも殺しはしない。
常に元気。いちいちはしゃぐタイプで、中々の熱血型。ただしネガティブになる事も多くデリケートなハートの持ち主。でも本当はいい奴。

女の子を殴れないタイプ。でもやられたらやり返すタイプ。例え女の子でも。逃げ脚は凄い速い。本人いわく元いた世界では全国トップクラスの快速の持ち主だったらしい。

好物は林檎飴と人参。特に人参に対する執着心は凄まじく、人参を人参味の飴でコーティングした「人参飴」という謎の食べ物をこよなく愛する。

よく変な物を拾う。
信じられない事等があると自己暗示をかけて無理矢理納得しようとする時がある。
また、悪人以外への自己紹介の際は必ず握手を求める。

一人称「俺」
二人称「お前」

【武器】
バイト代を叩いて買っちゃったごく普通のエストック。中々の鋭さを持つ為、能力者との実戦でも十分使える。

【能力】

『………変・身ッ!!!《トラゴエディ00:04:33》!!!』


憑依型アートマン《トラゴエディ00:04:33》

【姿】顔を除く全身が紫色の包帯でぐるぐる巻きになり、マフラーを巻いた紫色のミイラ男のような姿になる。

【アートマン能力】自分が受けたダメージに応じて体内で致死性は無いが激痛を伴う毒「トラゴエディ」を生成、それを様々な形(蛾のようにしたり、飛蝗にしたり)にして放出出来る。毒は速効性。持続時間は受けたダメージ量に比例する。
描写例 
【相手に向けて身体から紫色の霧が放たれる】
【霧に触れれば、そちらのレスだけで数えて○レス間は触れた箇所が激痛に襲われるだろう】

【トラゴエディ】
この能力によって生成される毒。致死性や後遺症は無く、主に激痛により相手を無力化する為に使用される。

【備考】自力では無く、クスリを飲んだ事で発現したアートマン。「やられたらやり返す」「殺しはしない」という良心の性格が反映された能力となっている。ちなみに包帯は中々強固だが、燃える。だから炎属性には弱い。