ヴァルドリュクス・アドロフェス・ルカヴィ《№134》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ヴァルドリュクス・アドロフェス・ルカヴィ……

これに書いてある通り、機関の《№134》だ」


人物「ヴァルドリュクス・アドロフェス・ルカヴィ(valdryx adlofes lkavy)」


一人称「わたし」、二人称「てめえ」

黒いスーツに蒼い髪をポニーテールにした少女。
瞳は濁った下水のような、何とも言えない色をしている。
右胸には《№134》と書かれたバッジがつけてある。


能力『???』


泥、土を撃つ能力らしい。
尚、撃った後の泥が肥大化したためそれも彼女の手の一つなのだろう。
だがそれは全貌を見せるには至っていない。
また、彼女の戦闘中の思考の中で「兵」という単語が出た。

謎の多い能力である。