魔法陣術:星乃宮 円


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちょっと長いよ? ここで引き返すことを勧めるよ?
でも読み始めたら最後まで読んでよ? 途中で投げたら五芒星飛ばすよ?



【使用者】星乃宮 円≪No.29≫
だが、生まれつきの能力ではないことを念頭においてほしい。


【そもそもこの能力は】
呪術、魔術に使われる魔法陣をそのまま戦闘に運用出来る形にしたもの。
研究段階であり、まだ星を象った魔法陣(以下魔法円)しか扱うことが出来ない。
ちなみに使用者は研究をしていない。そのため魔法円以外を使用出来る日は永遠に来ないだろう。


【能力詳細】
ちなみに、色無しは黒色である。

『マジックサークル・カラースター』
魔法円を色を付けて描き、それによって発動する属性効果で攻撃や防御を行う。
「紅」と「蒼」しか使えなかったが、「黄」が使えるようになった。練習しだいでさらに増える可能性あり。
描く場所は空間なら何処でも構わない。地中でも水中でも空中でも描ける。
五芒星「紅」:描いた場所から火炎球が出現する。直径は五十センチほどで、高速且つ直線的に飛ぶ。
六芒星「蒼」:描いた場所から氷の柱が生えてくる。勿論炎には弱い。耐久性もそれなり。
五芒星「黄」:描いた地点から雷撃を放出する。タイムラグがあるため魔法円を見てからの回避も可能。


『マジックサークル・スターリング』
魔法円を「直接」攻撃や防御に使う。色は付いていてもいなくてもいい。
本人の最も得意とする使い方。紅色や蒼色でフェイク的に使うことも。
その他、白い空間で白く着色し、見えにくくする使い方もある。
例によって空間なら何処にでも描ける。蒼色の六芒星を描かれたら紛らわしい。
五芒星:切断性能がある。撃ちだして使用することが多いが、その後にも移動は可能なので注意。
エネルギー体だが受け止めることも可能
六芒星:防御性能がかなり高い。ただし攻撃威力は皆無に等しい。


『マジックサークル・アディション』
魔法円を物体に描くことで攻撃力、防御力を上げる。
色を付けることで属性を付加することも出来る、が、例によって「紅」と「蒼」、「黄」しか使えない。
付加される属性は『カラースター』と同じ。
五芒星:純破壊力が上昇する。細い木の棒で厚い鉄板を曲げることも出来る。
六芒星:防御力、耐久力が上昇する。薄い木の板で銃弾を受け止めることも可能に。

一つの物体に複数描くことも可能だが、ある程度の数、または大きさでないと効果が表れない。


『マジックサークル・ハイナンバー』
正六角形以上の正多角形を基調としている星型正多角形(何それ?)の魔法円を足元に描くことによって使える。
描くには相応の時間がかかり、n角形を基調としたものを描く場合、
(n-6)^2の準備ターン(レス)が必要。
例)正7/2角形の場合一ターン。正8/3角形の場合四ターン。正9/4角形に至っては九ターン。
つまり、角があまりに多いものは使えないのである。時間がかかりすぎるので。
描き終わった後、周囲に純粋な魔力の衝撃波が襲い掛かる。
が、使用者のコントロールにより、魔力の方向を揃え、防御的に使用することも可能に。
尚、魔力は基調とした正多角形の角の数が増えるにつれて上昇する。